ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

IPA、Androidアプリの脆弱性を学習・点検できるように支援する無償ツール「AnCoLe(アンコール)」を公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は4月11日、Androidアプリの脆弱性をアプリ開発者自身で学習・点検できるよう支援するための無償ツール「AnCoLe(アンコール)」を公開しました。AnCoLeは、Androidアプリのセキュリティ上の問題を学習したり、そこで得た知識・スキルを利用して実際に自身で開発したアプリを点検できるようにするAndroidアプリ開発者向けのツールです。「学習機能」と「点検機能」の大きく2つの機能が提供されています。学習機能は、IPAへの届け出の多い7テーアに関して、サンプルアプリを端末やエミュレーター上で実行して攻撃の仕組みやその影響を体験することで、問題に応じた対策方法を学習できるというものです。点検機能では、自身で開発したアプリを読み込ませることで点検を実行でき、問題のある場合はソースコードの該当箇所が表示されます。点検機能は学習機能と連動しており、問題のある箇所の対策方法を再度学習することもできます。AnCoLeはソフトウェアの開発環境「Eclipse」上で動作するツールとなっており、下記のリンク先よりダウンロードできます。Source : 情報処理推進機構AnCoLeダウンロードサイト



(juggly.cn)記事関連リンク
Atom Z3745を搭載したASUS未発表のTransformerタブレット「TF103C」のフルスペックが判明
Samsung、「Gear Solo」「Gear Now」「Galaxy S Fitness」「Galaxy ID」を米国で商標出願
オムロン、Nexusデバイスの標準キーボードアプリ「iWnn IME」をアップデート、一部のアプリで発生した強制終了問題に対処

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP