体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブラック企業で働いていたら日本年金機構から差し押さえ予告が来た


DSC_1091

新年度もはじまり、仕事も忙しくなった。
僕は、朝イチの仕事として、郵便物の発送や仕分けを行うようにしてるんだけど、
ある朝、届いた手紙を確認していたら、日本年金機構からの手紙が混じっていた。

何気なく開封してみたら、驚いた。
トップの画像が、その文面である。

要は、国民年金保険料を滞納しているので、
耳をそろえて、滞納している保険料を支払うか、
払えないなら、4月1日から4月9日の間までに
年金事務所の国民年金課に出頭して説明しろというもの。

フリーライターは、個人自営業なので、
お勤めの方と違って、給料から年金保険料が天引きされない。

したがって、自分で保険料を納付しなければならないのだが、
年金保険料は、毎月納付しているので、このような文面を送り付けられる心当たりがない。

あれこれ思案するうちに、思い出した。
去年、ブラック企業に潜入して社員として働いていたのだが
会社から支払われるはずの
厚生年金が未納のままになっているのだろう。

ブラック企業で働いていたら労働基準監督署のガサ入れにあった
以前の顛末をご存じない方は、まずは、この記事を読んでいただきたい。

私は昨年、ブラック企業の労働実態を取材するために、
社員として、ECビジネスを行っているブラック企業に
潜入した。
通常、法令で定められた労働条件を満たしていれば、
会社は雇う人を、
雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険へ
加入させなければならない。

以前の記事を見ていただければわかるが、
労働基準監督署から、労災保険料の支払い督促が
来るくらいなので、
当然、私を、厚生年金に加入なぞさせていないだろう。

そのため、国民年金保険料の支払いに
未払い期間が生じ、年金事務所から督促が来たに違いない。

しかし、この文面はひどすぎる。

DSC_1089

法律になじみがない人なら、「特別催告状」というタイトルの文章が来れば、
精神的な威圧感を感じるのは間違いない。

しかも書面には、太字で、
上記期日までに保険料の納付または免除等の申請がない場合は、納付意志がないものとみなして、法に定める滞納処分を開始します。滞納処分が開始されると、国民年金保険料に延滞金が科せられるほか、あなただけでなく連帯納付義務者であるあなたの配偶者や世帯主の給料や財産を差し押さえることになりますのでご注意ください。

と記載してある。

この文面を見れば、大多数の人は、威圧感を感じるだろう。
国民年金保険料を納付できなくなった人の中には、
うつ病などで、安静が必要な人もいるはずだ。
こんな威圧感のある文書が送られてきたら、病状が悪化しかねないのではないだろうか。

公金の納付を、意図的に拒むけしからん連中もいるだろうが、
この時勢である。払いたくても払えない人は多いはずだ。

そんな状態の時に、こんな文書が届いたら、心穏やかでいられるはずがない。

また、不服申し立てを受け付ける日時だが、平日の9時から4時までと書いてある。
たとえ電話で不服申し立てが受理されるとしても、平日のそんな時間に
申し立てができる人ばかりではないはずだ。

異議申し立ては認めないから、納付しろという意図しか
感じられないのは私だけだろうか。

こういった場合、電話で事情を説明しても、らちがあかないことが多いので、
直接、異議申し立てに向かうことにした。

特別催告状を送ってきたのは、神奈川県横浜市南区にある
横浜南年金事務所である。
横浜市営地下鉄の蒔田駅から近いと
書かれていたが、少しわかりづらい場所で、道に迷ってしまった。

DSC_0618

なんとなく入りづらい雰囲気……

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy