ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

はねプリ第74回「一度アラーム止めてもiPhoneがあんまり動かされてないと『お前まだ寝てるだろ』って再度アラームしてくれる」 – 『Sleep Meister – 睡眠サイクルアラーム Lite』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『Sleep Meister – 睡眠サイクルアラーム Lite』ってどんなアプリ?

『Sleep Meister – 睡眠サイクルアラーム Lite』は、「睡眠サイクルの記録機能を備えた多機能な目覚まし」アプリ(App Storeの紹介文より)。睡眠時の体動を検出し、眠りの浅いタイミングでアラームを鳴らしてくれる。アルコールやカフェインなどの行動の記録や、寝言の録音、SNSやEvernoteへの投稿する機能も。評価時バージョンは 1.7.6。無料。広告の無い有料版あり。

アプリURL

https://itunes.apple.com/jp/app/id599456380

ひとことコメント

「一度アラーム止めてもiPhoneがあんまり動かされてないと『お前まだ寝てるだろ』って再度アラームしてくれる」

はぎ:IT業界をひっそりただよう40歳。春眠なら暁を覚えない。
ねり:将来はガンダムパイロットになりたい女子大生。

はぎ:ライフログっていうか、睡眠記録系のアプリってあるじゃない?
ねり:いくつかありますよね、有名なのだと『Sleep Cycle alarm clock』とか。
はぎ:そうそう。春眠暁を覚えずともいうし、ここんところいくつか使ってみたんで、その話をしようかなと。
ねり:はーい!
はぎ:基本的にどのアプリも、寝てるときにベッドにiPhoneを置いておいて、振動やら音やらを元に、どのくらい深く眠れてるかのグラフを描いてくれる。で、眠りが浅いときを狙って、アラーム音が鳴って目を覚ましてくれると。だから起きやすいって寸法。
ねり:ふむふむ。レム睡眠のときの方が起きやすいってやつですよね。
はぎ:まずは話題にのぼった『Sleep Cycle alarm clock』だけど、グラフは緻密に取ってくれるし、どの位の間隔で眠りが浅いときを検知するかの幅も10分から90分の間で選べて柔軟(他のは30分までが多い)。他にも、眠りやすくするための音を鳴らせたり、別途課金が必要だけど睡眠のグラフをインターネットで詳細に分析できたり、機能が豊富なんだよね。
ねり:なるほど!
はぎ:ただ、ちょっと高い。まあ、高いと言っても、これを書いてる時点で300円だけど。
ねり:アプリだと高く感じちゃいますよね。
はぎ:同じようなグラフを取れるアプリとして『Sleep Meister – 睡眠サイクルアラーム Lite』がある。Liteって名前からわかるようにこれは無料。有料版もあるけど。
ねり:まず無料でお試しできるの、ありがたいですねぇ。
はぎ:『Sleep Cycle alarm clock』の統計は平均睡眠時間とか最短睡眠の日とかが出るだけだけど、『Sleep Meister – 睡眠サイクルアラーム Lite』は、「いまから寝る!」って決めてから実際に寝るまでどのくらいかかったかわかるのがちょっといい。入眠潜時っていうんだけど。他にも、途中で何回起きたかが表示されたり、寝言やイビキの録音が簡単にできるのも良い。古い録音は自動的に消してくれるから容量的にも安心だし。
ねり:無料だと『ぐっすり~ニャ/睡眠記録』ってやつもありますよね。ドリエルのネコのアプリ。
はぎ:あれはちょっとイマイチなんだよ。
ねり:どうしてですか?
はぎ:睡眠記録モードにしたあとで、やっぱ眠れなくてTwitterのアプリ開いたりすると、睡眠の記録がそこで終わっちゃうのよ。
ねり:バックグラウンドに対応してないのはキツいのかも。
はぎ:あと、『MotionX 24/7』っていうアプリがあって、歩数計、脈拍計、睡眠記録と盛り沢山なんだけど、ちょっとインターフェースが独自すぎて気持ち悪い(笑)。
ねり:(画面を見せてもらい)あ、ほんとですね。どこ押せばいいのか分かりづらいですね……(笑)。
はぎ:このアプリは他の3本のアプリと違って、睡眠状態のグラフの表示方法も独特。緻密な折れ線グラフではなくて、「Awake」 「Light Sleep」「Deep Sleep」って3種類が、棒グラフみたいに並ぶ。
ねり:なるほど……? おおざっぱですね(笑)。
はぎ:ただ、実は僕ライフログ好きなので、『Withings Pulse』っていう、1万円以上する歩数計兼睡眠計なガジェットも使ってるんだけど、これの睡眠状態の表示も同じようなおおざっぱ表示なんだよね。で、 慣れてみると、このおおざっぱ表示の方が「この日は長く寝たけど深い睡眠は1時間だけか」とかわかって良かったりする。
ねり:あー、なるほど、棒の数で時間が目視でわかりやすいのはいいのかもしれないですね! いままで折れ線でしか見たことがなかったので、慣れればこっちもいいのかも。
はぎ:まあ僕が一番欲しいのは、「どう寝たか」じゃなくて、「どう寝れば良いか」の情報なんだけどね。つまり、いつ寝ていつ起きればいいのかを教えてほしい。
ねり:未来に期待ですね。ちなみにどのアプリが一番オススメですか?
はぎ:全体的なバランスからすると、『Sleep Meister Lite』かな。予備スヌーズ機能ってのがあって、一度アラーム止めてもiPhoneがあんまり動かされてないと「お前まだ寝てるだろ」って再度アラームしてくれる。
ねり:その機能いいですね、二度寝防止!
はぎ:けっこうお世話になってるから、有料版も買うつもりだよ。

はぎ:★★★★☆ だから、いつ寝ればいいかを知りたいのだ
ねり:★★★☆☆ アプリをセットし終わる前に寝てしまっちゃう寝付きの良いわたし……。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP