ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アヤシゲなサイトがネット中に点在…!? 『懸賞金1080万円 ストライド メガミステリー ラスト』謎解き篇

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

さわやかな味と噛みごたえ、スタイリッシュなパッケージが特徴的なガム『Stride』(ストライド)。中でも様々なフレーバーがミックスされて言葉で表現できない味になっている『ストライド メガミステリー ラスト』の発売に合わせて、懸賞金1080万円をかけたキャンペーンが実施されています。
オンエアされていたCMを見て、家一軒・高級車一台が買えちゃう額がもらえると知った『ガジェット通信』編集部の有志が謎解き班を結成。オカルト誌『ムー』(学研パブリッシング)も関わっているという超難問に対して、絶対に一番に解いてみせる意気込みでチャレンジしています!

※全ての画像が見れない場合は『ガジェット通信』をご覧下さい
http://getnews.jp/archives/550995

「メガミステリー ラスト」で検索してたどり着くサイトには、「懸賞金1080万円。早いもの勝ち」という文字が。懸賞金が獲得できなかった場合も『ムー』コラボのTシャツがもれなくプレゼントされるとのことですが…もちろん狙いは1080万円のみ! 『Facebook』でログインして、謎解き開始です!

スタイリッシュなサイトが一転…「404:Not Found」に

まず最初は『ストライド』キャンペーンサイトからの出題。隠れ家バーを思わせるムーディーなBGMで、パッケージ同様のクールな雰囲気の中、都道府県を選択します。東京都の場合は、伊豆大島の活火山な名前を答えるというもの。あまりのカンタンさに拍子抜け…。

数問正解すると、いきなり「404:Not Found」との表示に出くわします。ハッキングか何かっぽい意味不明の文字。これですよ、こういうのを求めていたんです! ここから暗号を探せということなのでしょう。

『ムー』編集長、ネット生放送中に拉致される!?

解読後にアクセスできるのは、『Ustream』のアーカイブ。出演しているのは、東京ゲームショーなどのイベントでキャンペーンガールとして活躍して「かわいすぎる」と一部で話題になっていた土田紗友実さんと、『ムー』の三上丈晴編集長。今回の企画の謎を解明してくれるそうですが…脱線しまくりで核心にはまったく触れず。ロ○トプ○ス○ンのイベントなみのグダグダっぷりです。サブカルだなぁ…。

48分ほどのシークエンスがそろそろ終わろうかという直前。突如乱入してきた覆面男に襲われて、羽交い締めにされた三上編集長。画面から消え、唖然とする土田さんを残して番組はエンド。…一体どうしろと?

90年代ホームページっぽいポエマーのポエム

わけわからんとしかいいようのないアーカイブの謎をクリアして、URLを打ち込んでみると…『さすらい志人★サマーLove★の世界』というインターネット初期っぽいホームページが登場。背景が青空とか、無料素材を使いましたという感じに懐かしさを覚えます。中央揃えのテキストも当時よく見かけたものです。

「[歌詞]まずはじめに唄う」「[歌詞]いろいろな場所で唄う」にあるフォークソング調のポエム。「Rock tonight 今夜が決戦 ナナメに構えた キミはマタドール」…突然のマタドール!!(AA略) 
完全にフレーズの響きだけで言葉を選んでいるだろ、とツッコミたくなるところですが、当然ながらここにカギが隠されているわけです。

町役場のホームページに…!!

行き着いたのは、兵庫県神崎郡神河町。2005年に神崎町と大河内町に合併して誕生した地方自治体で、大河ドラマ『平清盛』や映画『ノルウェイの森』のロケ地にもなっているということですが、これといった心霊スポットがあるわけでもなく…。何かヒントがないか、役場のホームページで情報収集。

…のつもりが、サイト下部に異質すぎて浮きまくりのバナーが! わざわざ広告枠買ったのでしょうか? 自治体側もリンクを張ることよく許可したなぁ…。

意味不明&サイケな夢日記…まったくわからん!

あっさりと見つかったリンクをクリックすると、『スピリチュアルドリーム 堕天使ちゃんのぺぇじ』というまたもや90年代チックなホームページが登場。色使いがサイケデリックで、ヤバい雰囲気が漂っています。ここで4つの質問に答えると、ファンシー(と、いうことにしておこう…)なイラストと、目力がそれっぽい「エンジェル先生」の写真がステキなページに。

明らかにそれっぽい「夢絵日記のぺぇじ」に飛んでみると、何を意味するのかすぐには判別できないテキストと、シュールな絵で構成された日記が。絵はなんとなく『ストライド』のCMに登場する山に似ている気がしますが…意味がまったくわからん!

DMM.comで売られているB級ミステリーソフトに…

七転八倒しつつ巡り巡って行き着いたのは、よりにもよって『DMM.com』のレンタルページ。『実録!呪われたUFO体験-Xファイル-』と、いかにもオカルトな一本。ダウンロードとストリーミングが選べますが、ここは早まらずに無料サンプル動画を見てみることにしましょうか。

「あーB級だわぁ」と見ていると、突然雰囲気が変化。童謡が拙い演奏で流れ、時折真っ暗な画面に数字が…。日本のミステリーはこうでなくっちゃね! 

歴女ブログから、アヤシイ探偵事務所に!

次に現れるのは『アマノイサド』というブログ。今までに比べるとずっと今っぽい! どうやら歴史好き女子が運営しているようですが、好きすぎて巫女になっちゃうという人、話に聞くからなぁ…。ここも、以前解いたスピリチュアルサイトと同様、日々エントリーが更新されています。エントリーの内容と暗号を総合すると、どうやら石版が佐渡島にあって、それが次へ進むカギになっている模様です。

各検索サイトで考えつくものすべてを調べてみても、先に進める手がかりは見つからず。ということは、実際に佐渡まで足を運んでみるしかないということになりますが…。

そういえば、随所で目につく「蝿の探偵事務所」というバナー。あからさまにアヤシイ名前ですが、ダメもとでクリックしてみると「メガミステリーラストキャンペーンの探しものについては、無料でお受けしています」とのこと。どう見てもダミーとしか思えませんが、試しにメールで佐渡の件を相談してみることにしました。

メールと画像が届いた! しかし…

数日後。アラートが鳴るので何の気なしにメールボックスを確認すると…。ホントに届いたよ!

文面は事務的で短く「ご指示頂いた場所に関連する画像を添付しております」とあるのみ。多くを教える気はなさそうです。

画像には、ガムのそばの石版が。しかし、まったく意味不明です。そもそもこんな材質の石って佐渡にあったかしら…。とブツブツ文句を言う解析班が目にしたものは!

マッドなネットショップで売られているものは?

石版のナゾを解明してから数日。古民家っぽい部屋になぜか設置されている監視カメラや、電波がキツい『YouTube』動画を経て、疲労困憊しつつたどり着いた『異次元堂』なるアングラ感満載のホームページ。自称大学院名誉教授が運営する「オーパーツ情報サイト」らしいですが…。このコルセット姿の女の子の3Dモデルには突っ込まない、何も突っ込まないよ!

先に進んでみると…。はたから見るとガラクタばかりのように感じられるアイテムが不規則に並んでいて、頭がクラクラしてきました…。

そんな中見つけたマル秘ノート。店主が行ったという異世界について延々と語られており、「パラレルワールド」とか「超能力者」とか、中二病チックな単語が並んでいます。思わずニヤニヤしてしまうところですが、ここが1080万円に至る重要なカギが潜んでいるのです!

ついに判明したヒミツ そして…

ある条件で再び『異次元堂』にアクセスしてみると…。サイト全体がブルーになっていて、画像も反転! 

片っ端からリンクを踏んで、ついに見つけた手書きの地図!

しかし。ネットでの調査はまたもぷっつり切れてしまいました。ということは、佐渡島と同様に地図を手がかりにしたリアルな捜査が必要。また「蝿の探偵事務所」に調査を依頼するという方法がありますが、数日のタイムラグが発生してしまう上に、その答えが正しいという保証はありません。

ここはどうすべきか…。1080万円が当たることを頼みにして、実際に足を運んでみるか…。『ガジェ通』謎解き班の決断はいかに!?

※続きはこちら!
http://getnews.jp/archives/550997 [リンク]

「懸賞金1080万円 ストライド メガミステリー ラスト」キャンペーン
https://megamysterylast.jp/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP