ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

豪華絢爛「さげもん」 ほんなこつ美しか柳川の旧暦ひなまつり

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


福岡は、柳川に出かけてきました。
柳川といえば、南の有明海に注ぐ温暖な場所で、
川下りなどの観光スポットが昔から有名です。

最近は、リーズナブルに利用できる温泉もあったりして、
ゆったりと過ごすには、なかなかよい感じ。

はあー、のどかでよい感じですね。
でも、松沢的には、こちらのほうが……
そう、柳川名物「うなぎのせいろ蒸し」です。
タレをまぶしながら焼き上げた、うなぎのかば焼きを
ごはんに乗せて、せいろで蒸し上げたもの。

蒸すことによって、うなぎの脂とうまみがごはんに
しみこむ調理法ですね。
ごはんにも、うなぎのタレを混ぜ込んであります。

蒸されて、ふっくらと仕上がったうなぎと
濃厚なうなぎのうまみがしみこんだごはんのコントラストが
最高ですわん。うるうる。

肝吸いもついて、あたしゃ大満足でございました。
地元のお店の中では、お値段ちょっと高めらしいです。
注文を受けてから、うなぎを焼いてくれるので、少々お時間かかります。
とはいえ、お座敷で川下りの様子を眺めながら、のんびり過ごす場所代を
考えると、コスパは高いように思います。

ちなみに、松沢は、西日本鉄道さんが発売している
「往復の電車」+「川下り」+「うなぎ屋さんでの食事つき」の
「柳川特盛きっぷ」という企画切符を使いました。
西鉄福岡からだと総額5150円なので、これだけ楽しめれば、
かなりお得ですね。

うなぎを堪能したあと、おいしいものを探して、柳川の町を散策。
「まだ食うのかよ」とおしかりを受けそうですが、仕事なんです、仕事。

柳川は、南に面した有明海に、川が注ぎ込む場所でもあります。
有明海は、魚や海苔がおいしい場所として有名なのですが、
まずはその前に甘味のものでも。
ふらりと入った和菓子屋さんで、面白いものを見つけました。

あら、おひなさま。
4月なのになんで?

「このあたりは、旧暦でお雛祭りば、お祝いするとですよ」
和菓子屋さんのおばあちゃんが、にこやかに説明してくれました。

「へー、そうなんですか。お雛様もきれいですけど、この飾り物もきれいですね」

「この上からぶら下がっとるのはね、「さげもん」ち言うて、
こどもが健康に育つように願って下げるとですよ。
柳川のおうちは、お雛様よりも、さげもんのほうが立派なくらい
飾り付けするおうちが多いですね。」

「さげもん」に似た飾り物をするのは、日本中に数か所あって
静岡県の稲取、岐阜県の飛騨高山などが有名なのだそう。

ただ、これだけの数の人形をつるすのは、他の地域では見られないらしい。
つるしてある人形にも、いろいろな意味があるそうな。

サル―母猿が子猿を片時も離さないことから、母子の愛情がはぐくまれるように。
エビ―腰が曲がる年まで元気に過ごせるように。
セミ―セミが木にしがみつくように、根気強い子供になるように。
「それにしても、きれいですよね。」

「せっかくやけん、この近くの旧家さんが、立派な飾り付けしとるけん、
見てきたらよかよ。」

なるほど。昔から、旧家って、ひな祭りとかだけじゃなくて、
年中行事の飾り付けすごかったからなあ。

和菓子屋のおばあちゃんに、教えてもらった旧家に足を運んでみたら、
快く取材に応じていただいた。
「遠いところからよくお越しくださいました。さあ、上がってごらんになってください」
奥様にご案内いただいて、おうちに上がらせていただいたのですが……
ここからは、説明不要でしょう。

まさに豪華絢爛!!
飾り付けをされているお部屋の全景を、撮影できないほど、
お人形と「さげもん」が飾り付けしてあって、
とても幻想的でした。

残念ながら、飾り付けの時期は過ぎてしまいましたが、
ゴールデンウイークから夏場は、川下りと有明海の珍味が旬を迎える時期。
関心を持たれたら、お出かけしてみるのもいいかもしれませんね。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「松沢直樹」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP