ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile、インドのスマートフォン市場シェアでAppleを抜き2位に浮上

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileがインドのスマートフォン市場における売上高でAppleを抜いて2位に浮上したことがIDC Indiaで公開された最新の調査結果より明らかになりました。IDC Indiaによると、2013年10月~12月のインドスマートフォン市場は、Samsungが43%でトップ、Sony Mobileは9.1%、Appleは7.0%、残る40.9%は”その他”に分類されています。Samsungとはまだだいぶ差がありますが、日本のメーカーが海外で1,2位を争うのはかなり稀なことです。IDC Indiaのシニアアナリスト Manasi Yadav氏は、”Sony Mobileのトップモデルにはインド市場で今最も急成長している分野の一つであるミッドレンジセグメントをターゲットにしたXperia M dualやXperia Cです”と述べ、10,000~20,000ルピーのミッドレンジ価格帯でSony Mobileが優位なポジションを得たことがシェア増加の大きな要因だとしています。Source : Economic Times



(juggly.cn)記事関連リンク
「なすび」の福島パワーアップ的エベレスト登頂計画「エベチャレ」の公式Androidアプリがリリース
GoogleがAndroidアプリとWEBの統合を図るAndroidの新しい仕組み"Hera"を開発中との噂
Xperia Z2 Tablet(Wi-Fi Only)に対応したClockworkModリカバリ(v6.0.4.6)が公開、root化も可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP