ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

サクサク革命!? クロワッサン界から新たなる刺客登場!? クロワッサン たい焼きに注目!?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
20140328-115734.jpg

2013年の年末、ニューヨークではサクサクなクロワッサンの食感を活かしたドーナツ「クロナッツ」に注目が集まり、日本国内でもいくつかのベーカリーショップで販売され行列にもなったようだ。2014年はサクサク食感がキーワードになるかもしれないだろう。4月にはミスタードーナツでもミスタードーナツ版のクロワッサンドーナツ「ミスター クロワッサン ドーナツ」が発売される予定だ。
もちろん、クールジャパンがテーマとも言われている影響か、サクサク食感のクロワッサンドーナツ人気に新たなる刺客を送り出した!? 「たい焼き」。あの小さい頃からおなじみの和のスイーツであるたい焼きが革新的な姿で登場し、話題になっていると聞き、体感するべき記者(私)も流行の最先端をいく原宿へ向かった。

20140328-120803.jpg

ここは原宿駅そばの表参道。場所は「築地銀だこ」。たこ焼き屋なのに何故だと思われる方がおられると思う。実は「築地銀だこ」を運営する株式会社ホットランドがたい焼き店である「銀のあん」で販売してるクロワッサンたい焼きを販売している。もちろん、この原宿の「築地銀だこ」でも手に入れることが可能だからだ。既に行列ができており、チラホラとクロワッサンたい焼きを購入している方もみられた。早速、記者は早速1匹(税込200円)を購入して試食して見た。

20140328-120937.jpg

店員が手を汚さないように、かつ食べやすいようにとセロファンがついた袋に一つ一つ入れてくれた。長方形の生地のたい焼きの形がハンコのようにつけられたような印象がした。
その長方形の24層に重ねられた生地が独特のサクサク感を生み出している。表面にはシロップとザラメが特徴的であり、ザラメのガリガリという食感とサクサク感が程よく混ざりあうことでアクセントが癖になりそうだ。
また、甘さ控えめの北海道産の小豆を使用しており、この餡がたい焼きであることを思い出させる。和と洋の融合であることは実感できるであろう。

20140328-121034.jpg

餡もこの通りつまっており、そしてモチモチ感の存在も忘れてはいない。餡の存在感はバターの風味とともにとても食べごたえがあるものとなっている。
今後、餡のバリエーションにも期待されるだろう。

20140328-121124.jpg

今回、伺ったお店
築地銀だこ 原宿店
電話番号: 03-5775-1788
営業時間: 11:00~22:00 
住所:
150-0001
東京都渋谷区神宮前1-14-24
第5寿和ビル1F

販売している店舗はこちらで探せる
「築地銀だこ」以外にも新宿アルタ1Fの「銀のあん」でも購入可能だ。

クロワッサンたい焼き
http://www.croissant-taiyaki.com/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「つっちぃー」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。