ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小米科技、2014年Q1に1,100万台のスマートフォンを販売、年間出荷台数目標を上方修正

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のスマートフォンメーカー 小米科技が2014年Q1(1月~3月)で1,100万台のスマートフォンを販売したことを明らかにしました。これは、小米科技のCEO Lei Jun氏が3月30日に中国・深圳で行われたChina IT Leadership Summitで明らかにしたことです。小米科技はグローバルメーカーではありませんが、満足の内容のスマートフォンを格安で販売しており、特に中華圏では高い人気を得ています。1,100万台は2013年Q1と比べて150%増となります。同社は昨年末に2014年の出荷台数目標を4,000万台と話していましたが、Q1における予想以上の実績を受けて4,000万台を2014年の最低水準に変更し、5,000万台~6,000万台を狙うと目標を上方修正しました。また、2015年には1億台前後を目標にしていることも明らかにしました。小米科技は今年2月に中華圏から飛び出し、シンガポール市場でも製品の販売を開始しており、今後はインドへの進出も予定しています。Source : Xiaomi Blog



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「Facebokメッセンジャー」がv4.0にバージョンアップ、グループチャット機能がさらに進化、メッセージの転送機能やホーム画面ショートカット機能も追加
「AllCast」がv1.0.9.1にアップデート、Dropboxに保存したメディアのストリーミングに対応
Android 4.4.2バージョンを含む「Optmus G」「LG G2」「LG G Pro 2」「LG G Flex」をroot化する方法

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP