ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いろんなラッキーがやってくる『auスマートパス』が会員1000万人を突破 これまで提供されたラッキーを振り返る

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


月額372円(税抜き)で、「厳選アプリ取り放題」「アニメ・映画・雑誌といったコンテンツを提供」「ウイルスソフトや修理代金サポートなど安心のサポートサービスを提供」「容量50GBの『au Cloud』を提供」と、充実したコンテンツや豊富な会員特典を提供するauのAndroid/iOS向け月額サービス『auスマートパス』。3月には、サービス開始から約2年で会員数が1000万人を突破したことが発表されました。

『auスマートパス』ではほかにも、「いろんなラッキーがやってくる」というコンセプトのもと、各種提携企業との会員限定特典を提供。以前記事でもご紹介しました。

いろんなラッキーがやってくるという『auスマートパス』はどれだけラッキーなのか? そのラッキー生活を体験してみた
http://getnews.jp/archives/478997
※記事中のCM動画は配信を終了

この記事で紹介できたラッキーは全体のほんの一部。過去に提供されたラッキーがどんなものだったかをここで振り返ってみようと思います。

目を疑う激安商品や会員リクエストでオリジナルクーポンを提供


「ラッキー=お得」と考えるとインパクト大だったのが『プレミアムラッキーセール』。『価格.com』の最安値を下回る激安商品が期間と個数限定で販売されるのが特徴で、たとえば『PlayStation4 First Limited Pack with PlayStation Camera』は9200円(税込み)で販売されました。マジか! 30~50%引きは当たり前で、開始後1分で完売する商品もあるというのもうなずけます。ほかにも、HISのソウル2泊3日ツアーが7800円(税込み)で提供されるなど、激安商品に目がない人には見逃せないラッキーが数々。

会員から意見を集める『auスマパス総会』により提供が決まったラッキーも。ケンタッキーフライドチキンの『auスマートパス』オリジナルセットとして、550キロカロリー以下のセットメニューを550円で提供したクーポンは、『auスマパス総会』で会員の投票により提供が決まったものなのだとか。

エンタメコンテンツに強い『auスマートパス』 アーティストの楽屋招待特典も

前回の記事ではザ・ローリング・ストーンズ東京ドーム公演の先行予約のラッキーを紹介しましたが、先行予約に限らず限定ライブを開催したり、プレミアムシートを提供するなど、ぴあと共同でエンタメイベントのさまざまなラッキーを提供しているのにも注目。

特にスゴいのが、音楽ライブでアーティストの楽屋に招待してしまうという企画。過去にはきゃりーぱみゅぱみゅ、ベッキー♪#、加藤ミリヤ、怒髪天、清水翔太、GRAPEVINEといった面々の楽屋にご招待するラッキーが提供されたそうです。シルク・ドゥ・ソレイユのショー『オーヴォ』のバックステージご招待という企画もあったのだとか。

その他にも、人気コンテンツの『進撃の巨人』や“ジブリ”とタッグを組んだ、『スマートパス』会員しか閲覧できない会員限定コンテンツも展開しています。

人気のクーポンは即日終了


さまざまなメーカーやコンビニエンスストアと提携して提供するクーポンも人気のラッキー。中でもローソンの『ウチカフェスイーツ』はすごい人気で、先着5万名に『プレミアムロールケーキ』を無料で提供するクーポンは即日で配布を終了したとのこと。ほかにも『ぎゅっとクリームチーズ』『プレミアムぎゅっとレアショコラ』といったスイーツの無料クーポンが先着3万~6万名で用意されていましたが、いずれも即日で配布終了。『auスマートパス』会員にはスイーツ好きが多い?

期間限定のキャンペーンではなく、1年中こういったラッキーが常時提供されているのが『auスマートパス』の最大の特徴。入会したけどラッキーはチェックしていなかった、という人もこれから入会する人も、タイムラインに流れてくるラッキーは目ざとくチェックしておいた方がよさそうです。

auスマートパス
http://auone.jp/

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP