ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC One(M8)が早くもiFIxitで分解される、修理のしやすさは10段階中2の低評価

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTCの新フラッグシップスマートフォン「HTC One(M8)」が携帯電話などの修理サービスやスペアパーツを提供している米iFixitで早速分解されました。HTC One(M8)は、前作のHTC One(M7)と同様にギャップレス構造のフルメタルボディを採用しており、スマートフォンの中では密閉度の高い製品と言えます。昨年のHTC One(M7)もそうでしたが、今回のHTC One(M8)でも同社による修理のしやすさを示すスコアは10段階中2という低さ。評価は10段階中1だったHTC One(M7)からわずかに上がっていますが、その差は分解を行った作業者の熟練度の差で、実質的には同レベルの難しさだと思います。同社はHTC One(M8)について、”ケースをキズつけずに分解するのはかなり困難なので、全てのパーツは交換しづらいことになります。バッテリーは基板とミドルフレームの間に挟まれておりアクセスしづらく、ディスプレイも全体をバラさないと交換できない”と述べています。同社の分解レポートから、Elpida製2GB RAM「FA164A2PM」、Qualcomm製Snapdragon 801プロセッサ、SanDisk製NANDフラッシュ「SDIN8DE4(32GB)、STMicroelectronics製「0100 AA 9058401 MYS」、Qualcomm製電源管理IC「PM8941」と「PM8841」、Avago製パワーアンプ「ACPM-7600」、Synaptics製タッチコントローラー「S3528A」、Qualcomm製RFトランシーバー「WTR1625L」とモデム「WTR1625」が使用されていることが判明しました。Source : iFixit



(juggly.cn)記事関連リンク
Twitter、Android / iOSアプリに写真のタグ付け機能と1ツイートにつき最大4枚までの写真を添付できる機能を追加
Google PlayミュージックのWEBサイトがデスクトップ版Chromeからの直接アップロードに対応
Google I/O 2014のチケット販売方法が抽選形式に変更、4月8~10日まで応募受付

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP