体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

HTC One(M8)の一つ「HTC_M8x」は2.5GHz駆動のCPUを搭載

HTCの新フラッグシップスマートフォン「HTC One(M8)」にはCPUクロック数によって2.26GHz版と2.5GHz版が存在し、香港と台湾では2.5GHz版が販売されるという話を先ほど紹介しましたが、台湾のePriceで公開された「HTC M8x」のベンチマークアプリのスクリーンショットから、2.5GHz版の存在が確認されました。「HTC_M8x」は2枚目のスクリーンショットから300MHz~2,457NHzのCPUを搭載しています。台湾やインドネシアではこの型番が認証を取得しているので、少なくとも台湾とインドネシアでは2.5GHz版が販売されると思います。香港で販売されるHTC One(M8)も2.5GHz版らしいので、「HTC_M8x」が投入されると思います。2.26GHz版と2.5GHz版でAntutuとQuadrantのスコアを比較すると、2.26GHz版は、Antutuが31,000点台、Quadrantが19,000点台。2.5GHz版は、Antutuが35,964点、Quadrantが25,622点です。MSM8974ABとMSM8974ACの違いはCPUクロック数だけではないので、ここまで大きな差がついたものとみられます。

Source : ePrice



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、F-01F / F-02F / F-03F / SH-01F / SH-01F DQ / SH-02Fに「LTE国際ローミング」対応アップデートを配信開始
Google、米国で「HTC One(M7)Google Play Edtion」を$100値下げ
米国の携帯ショップ Negriで「Nokia X」の販売が開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy