ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC、「BlinkFeed SDK」をリリース、BlinkFeedをサードパーティアプリに開放

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTCが「HTC One(M8)」の発表イベントで、Sense 6.0からHTCスマートフォンのフィードリーダー機能「HTC BlinkFeed」をサードパーティーアプリに開放することを発表しました。BlinkFeedはニュース記事やSNSアプリ、端末情報をタイル形式でホーム画面に表示するけっこう便利な機能です。Sense 5.5までは、アプリはTwitterやFacebook、Google+などのHTCが選択したものだけでしたが、本日リリースされた「BlinkFeed SDK」を利用することで、サードパーティーのアプリでもアプリの情報をBlinkFeedに転送できるようになります。HTCは発表イベントの中でFoursquareとFitbitとパートナーシップを締結したことを発表しました。この2つのアプリにはBlinkFeedとの連携機能が追加されています。Foursquareアプリは位置情報より周辺のスポットをフィード上に表示する機能が利用可能。一方、FitbitアプリはバッジをBlinkFeedに表示することができます、あと、FitbitアプリはSense 6.0端末のセンサーからモーションデータを取得して活動量を計測できるようになりました。つまり、専用のリストバンド無しでもアプリを利用できるというわけです(iPhone 5SのM7コアを利用したときのように)。Source : HTC



(juggly.cn)記事関連リンク
VIBE、雑誌を記事単位で購入できる中吊り広告のUIを採用した電子雑誌アプリ「中吊りアプリ」をリリース
HTC、8コアプロセッサを搭載した5インチDesireスマートフォン「HTC D616w」を開発
HTC One(M8)を水に浸したり、鍵やナイフで引っ掻いたり、ハンマーで叩くテスト(動画あり)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP