体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

渋谷ハチ公前で252人が『ポッキー』『プリッツ』でひとつに! “スマイルグリコおかしリレー”ギネス挑戦に参加してきた

渋谷ハチ公前で252人が『ポッキー』『プリッツ』でひとつに! “スマイルグリコおかしリレー”ギネス挑戦に参加してきた

妻夫木聡さんがピエロの赤い鼻をつけて、ご機嫌ナナメな人々を次々と笑顔に変えていくグリコのCM『Smile.glico』。その「みんなのキゲンがよくなれば、きっと世界はうまくいく」というメッセージを体現したイベント“スマイルグリコおかしリレー”が2014年3月23日に東京・渋谷ハチ公前で開催。お菓子をリレー形式で食べさせあった最多人数のギネス世界記録に挑戦し、見事252人という記録を打ち立てました。

実は筆者もこのイベントに参加。そのチャレンジをつぶさに目撃してきたので、その模様をお届けします。

スマイルグリコおかしリレー – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=HBCjUg6ceOI

smileglico_02

午前8時過ぎ。指定された渋谷のビルに入ると、そこには300人近くの挑戦者が。ギネスに認定されるには250人以上が条件で、バックアッパーも含めた人数が集まっているとのこと。

リレーのルールは、『ポッキー』や『プリッツ』を前の人に食べさせてもらい、その後に後ろの人に食べさせてあげるという至ってシンプルなもの。ただし、食べる際にポッキリ折れてしまうと失敗になってしまいます。

smileglico_03

事前説明の後に、お菓子のパッケージが配られ、筆者の手元にも『プリッツ』サラダ味が。そして、参加者の人数が252名で確定……って、大トリ自分ですか……!?

smileglico_04

まずは待機室でのリハーサル。参加者の皆が緊張の面持ちで、ポッキーを食べ食べさせていきます。が、なかなか距離感がつかむのが難しく、手を離すタイミングが合わずに折ってしまう人も出てしまいます。これでは記録が認められない……。微妙に重苦しい空気が拭えないまま、ハチ公前に向かうことになってしまいました。

スマイルグリコ

午前11時前。本番となるハチ公広場前に挑戦者が集合。小春日和の陽気でギネス挑戦日和ですが、それを楽しむ余裕はなかなか生まれてきません。

smileglico_06
1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。