ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『宇宙兄弟』KENN誕生日サプライズにニッコリ「平田広明さんは家族のような存在」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


アニメ化、実写映画化もされた人気コミック『宇宙兄弟』。原作者・小山宙哉が連載を一時休載し、どうしても描きたかった物語として、小山先生オリジナル脚本による初の劇場版アニメーション映画『宇宙兄弟#0』が8月9日(土)より全国公開となります。

22日にはアニメ『宇宙兄弟』の東京アニメアワードフェスティバル2014アニメ・オブ・ザ・イヤーテレビ部門の優秀賞受賞を記念し、ファン感謝記念イベントを開催。南波六太役の平田広明さん、南波日々人役のKENNさん、渡辺歩監督、永井幸治プロデューサーが登壇しました。

本日最終回を迎えたテレビシリーズの裏話から、夏公開の『宇宙兄弟#0』の最新情報まで、ファンを前にしてたっぷり語った他、イベントの最後には、24日に誕生日を迎えるKENNへのサプライズが! 日々人の顔がプリントされたケーキが登場し、会場全体から「おめでとう~!!」と大きな祝福が寄せられました。

■平田広明さんコメント

ほとんどのみなさんが(テレビアニメの)最終回を見てから来てくれたということで、僕もこれから帰ってハンカチを用意して観ます。テレビシリーズは一旦の区切りですが、『宇宙兄弟#0』ではこれから誠心誠意、六太に命を吹き込みたいです。

■KENNさんコメント

(平田との関係について)長く一緒に過ごしてすごく優しくしてもらい、兄弟と言うか家族のようなイメージ。かと思えば芝居中は本当にピリッとした空気もあって、先輩の背中をみて早く追いつかなきゃという思いで一杯だった。今日ここに立てるのは『宇宙兄弟』を応援してくれるみなさんのおかげです。

■渡辺監督コメント

物語が終わったわけじゃなく、大きなミッションの1つがフィニッシュしたばかり、まだ大きな目標に向かっているところです。映画はあまり多くは言えないけど、かなりいいです。小山先生も言った通り、すごくいい話になっています。

■永井プロデューサーコメント

(ムッタとヒビトの幼少期が描かれたキービジュアルを指しながら)この絵の意味が分かると思います。この絵にはかなり大きな意味があって、きっと泣きますよ。


ここが、原点。これが、0話。

『宇宙兄弟#0』は、原作者の小山宙哉が雑誌モーニング(講談社)での連載を一時休載し、どうしても描きたかった物語として、まったく新たに書き下ろされたオリジナルストーリー。自ら映画脚本に取り組んだ本作は、漫画でもテレビアニメでも見ることのできないストーリーでありながら、『宇宙兄弟』の本質を描く、感動のエピソードである。

劇場で初めて明かされる兄弟の“夢の原点”として、テレビシリーズとは一線を画す別格のクオリティで贈る、すべての『宇宙兄弟』ファンに捧ぐ第0話だ。



原作:小山宙哉(講談社「モーニング」)
監督:渡辺歩
アニメーション制作:A-1 Pictures
声の出演:平田広明、KENN ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

http://www.uchukyodai-movie.com

(c)宇宙兄弟CES2014

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP