ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motorola、Android Wearを搭載したスマートウォッチ「Moto 360」を発表、ラウンド型のウォッチフェイスを採用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorolaは3月19日、Android Wearを搭載したスマートウォッチ新製品「Moto 360」を発表しました。Moto 360は、先ほどの「LG G Watch」ど同じく、Googleより本日発表されたウェアラブルデバイス用プラットフォーム「Android Wear」を搭載した腕時計型デバイスです。Android Wearは、対応するAndroidアプリの通知をスマートウォッチなどの小さなディスプレイにも適したUIレイアウトで表示するほか、Google Nowと連携して、欲しい情報を適切なタイミングでユーザーに通知します。また、「OK,Google Now」と話しかけるだけで音声検索や音声操作を実行することもできます。Moto 360の特徴は従来のスマートウォッチとは違ってラウンド型のウォッチフェイスを採用したところです。Motorolaはまた、フレームやリストバンドに高品質な素材を使用したことによってスタイリッシュな外観となり、さらに、装着感も良いと述べています。Moto 360は2014年夏に米国を皮切りにグローバル展開される予定です。スペックや発売スケジュール、価格などの詳細情報は公開されていません。Source : Motorola



(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンク、「ARROWS A 101F」のソフトウェアアップデートを開始、スリープ状態からボタン操作復帰しない問題に対処
Sony Mobile、Xperia Z1 / Z Ultra / Z1 CompactのAndroid 4.4.2アップデート開始を発表、Xperia Z / ZL / ZR / Tablet Zは2014年Q2中頃に実施
中国 OPPO、5.5インチ2Kディスプレイを搭載した新フラッグシップ「OPPO Find 7 / Find 7a」を正式発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP