ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版「Kindle」がv4.4.0にアップデート、輝度自動調節機能とフォント変更機能が追加、アプリUIも一部変更

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Amazonの電子書籍リーダーアプリ「Kindle」のAndroid版がv4.4.0にアップデートされました。今回のアップデートで、電子書籍閲覧中のオプションメニューに「輝度の自動調節」機能と「フォントの変更」機能が新たに追加されました。フォントは現在のところ、「ゴシック」、「明朝体」、Droid Serif」の3種類の中から選ぶことができます。変更箇所はこれだけではありません。アプリのアクションバーとサイドメニューのデザインも変更され。以前よりもスッキリとした外観になりました。UIの動きも若干良くなったように感じます。「Kindle」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
カスタムROM「Paranoid Android」に新たな通知システム"Peek"が実装される、スマートウォッチの利便性をAndroidの通知で再現
Google、「Google Playムービー」と「Google Playミュージック All Access」の提供国を拡大
Sony Mobile : Xperia Z2は英国では予定通り4月に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP