ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Androidの扇型メニューを特許出願

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleがAndroidの一部アプリで目にする扇型メニュー(Radial Menu)を特許出願したいたことが判明しました。この特許は上図の通りタッチした位置を支点に各種オプションが扇状に広がる仮想ボタンの表示方法のことです。このような扇型メニューはAndroid 3.0(Honeycomb)の標準ブラウザに初めて実装され、その後、AOSPの標準カメラアプリやサードパーティアプリでも時々目にします。SamsungはGalaxy Note 3に「Air Command」という名でこれに似たオプションの表示方法を採用しています。Googleはこの技術を2012年Q3に米国で特許出願しており、3月13日の特許公開によって出願されていたことが明らかになりました。今後Androidに実装する新機能というよりも、特許として技術を押さえておく目的で出願したのでしょう。Source : Patent Bolt



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、「Google Playゲーム」の新機能をGDC 2014中に発表へ、ゲーム内のアイテムなどを他のプレイヤーにプレゼントできる「ゲームギフト」機能などを今後提供
KDDI、「ARROWS ef FJL21」のソフトウェアアップデートを開始、ギャラリーアプリで写真を表示できない問題などに対処
楽天市場の公式Androidアプリでアプリトップ画面が一部変更、新コンテンツも追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。