ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GoogleとMicrosoftはASUSのデュアルOS端末「Transformer Book Duet」の発売を快く思っていない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日台湾メディアの經濟日報が報じていたASUSのAndroid / Windows 8.1デュアルOS端末「Transformer Book Duet」の発売キャンセルの件に関する新たな情報がWSJに掲載されていました。Transformer Book Duetは、Intelプロセッサ上でAndroidとWindows 8.1をワンタッチで切り替えることが可能なデュアルOS仕様の製品で、1台でAndroidノートPC/タブレット、WindowsノートPC/タブレットと4種類の動作モードをサポートすることが大きな特徴です。このようなデュアルOS製品はユーザー側に立って見れば、1台4役、さらにPCソフトとモバイルアプリを1台の端末で利用できることからかなり魅力的な製品になります。また、デュアルOSをチップレベルでサポートしたIntelの場合は、そのような魅力的な製品に同社のチップが採用されることから、同社製チップのシェア拡大につながる製品になります。しかし、OSを提供するGoogleとMicrosoftの立場は全然違うようです。WSJが”事情に精通した人物”からの情報によれば、GoogleとMicrosoftはそれぞれTransformer Book Duetの発売を快く思っていません。それは、両社とも自社のOSが自由な環境で利用されることを望んでいるからです。Microsoftの関係者は、”Googleとコンピューターを共有することで、GoogleがMicrosoftの主要市場に食い込んでくることになりかねない”と述べたそうです。ASUSはTransformer Book Duetの発売計画を凍結せざるを得なくなっただけではなく、昨年発売したTransformer AIO P1801/P1802の販売も中止することになったということもWSJは伝えています。Source : WSJ



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony PSN / SNEの「ウォレットへのチャージ」機能がNTTドコモ・KDDIのキャリア課金に対応
Xperia Z2で刷新された画像編集アプリ(3.1.A.0.28)を紹介、コラージュやフリーハンドの手書き、編集履歴機能などに対応
H.I.S.、海外旅行商品や割引クーポンの情報を配信する公式Androidアプリ「H.I.S.」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP