ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Twitterで話題の3Dラテアート職人が『スパイダーマン』に挑む! メイキング動画もあるよ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


全世界で7億5千万ドルの興行収入を獲得し、46か国で初登場1位を記録、子どもから大人まで世界中の人々を魅了した『アメイジング・スパイダーマン』(2012)の続編となる『アメイジング・スパイダーマン2』がついに、4月25日(金)より日本公開となります。

本作の公式facebookページでは「謎のスパイダーマン親子」なる2人が様々なシチュエーションで登場したり、バナナアート職人がバナナでスパイダーマンを彫ったり……と、スパイダーマンファンならずとも楽しめるユニークなコンテンツが展開中。今回は、その中からネットで大人気の3Dラテアーティスト、大阪在住の若手バリスタ・山本員揮さん(26歳)の作品をご紹介。3Dラテアートでスパイダーマンに挑戦しています。

山本さんは、2年前に自身で生み出した3Dラテアートがネット上で広がり世界中から注目を集め、数々のメディアに出演しコラボラテアートを展開してきました。ラテアートは、2,000種類以上のパターンがあるそうで、自作写真を1日3枚程、Twitter(@george_10g)にアップしています。なんとtwitterのフォロワーは12万越え!


↑カプチーノに気持ちよさそうに浮かぶ3Dのかわいいキャラたち。

そして、今回『アメイジング・スパイダーマン2』の公開を記念して、スパイダーマンの3Dラテアートに挑戦!


こちらが3Dラテアーティストの山本さん。


まずは、下書きをしてイメージを固めます。


エスプレッソにスチームして温めたミルクを注ぎ……。


まずは、土台となる2D部分から。


3D部分はスプーン2本を使ってスチームされたミルクがモコモコと盛られていきます。


カクテルピンでスパイダーマンの顏が描かれ……。完成したのがこちら!その名も<アメイジング3Dラテアート>!


隣のカップに蜘蛛の糸を飛ばす3Dのスパイダーマン、映画さながらの臨場感です。


なんともリアルなスパイダーマンマークも。


『アメスパ2』で現れる最強の敵、高圧電流ですべてを破壊するエレクトロと奇跡の2ショット!

使用するのがスプーンとカクテルピンのみというシンプルさは驚きですね。どれも飲むのが勿体ない仕上がり!ですが、撮影後は、スタッフが美味しく頂きました。

もともとスパイダーマンのファンだったという山本さん。今回、スパイダーマンを創ろうと思った経緯について「スパイダーマンは平面ではなく、3Dで駆け巡るようなキャラクターなので、僕の3Dで何かおもしろいものができるのではないかと思った」と語ってくれました。


『アメイジング・スパイダーマン2』は、前作同様スパイダーマンことピーター・パーカー役にアンドリュー・ガーフィールド、恋人グウェン・ステイシー役にエマ・ストーン、監督もその手腕で前作を大ヒットに導いたマーク・ウェブ。

さらに最強の敵・エレクトロをアカデミー賞受賞俳優ジェイミー・フォックス。そしてピーターの幼馴染でオズコープ社の御曹司ハリー・オズボーン役にディカプリオの再来として今年ブレイク必至のイケメン俳優デイン・デハーンが壮絶な“ラスト”に深く関係する重要なキャラクターとして登場。続々と現れる強敵を前に、果たしてスパイダーマンはこの世界で生きのびることができるのか? 『アメイジング・スパイダーマン2』は、4月25日(金)より全国公開です。

■山本員揮(やまもとかずき)さん
Twitter :@george_10g [リンク]
Facebook:https://www.facebook.com/3dlatteart [リンク]
Blog:http://ameblo.jp/cafe-10g/ [リンク]

このラテアートの制作裏側が分かるメイキング映像も公開中!



(動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=CpWOsnLLBnc)

『アメイジング・スパイダーマン2』
公式HP:http://www.amazing-spiderman.jp/
公式FB:https://www.facebook.com/AmazingSpiderman.JP [リンク]

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(C)2013 CTMG. All Rights Reserved.

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP