ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【機動戦士ガンダム特別展】シャアが来る! 那須ハイランドパークにてシャアザクが製造中!?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『機動戦士ガンダム』生誕35周年を記念して、なんと史上初となる“実物大ザク整備工場”が“那須ハイランドパーク”に建設されたという。あのモビルスーツ“ザク”が製造されているというのだ。しかもシャア専用である。これはスクープのチャンスとばかりに、筆者は3倍のスピードで“那須ハイランドパーク”へと向かった。
 

連邦のモビルスーツがお出迎え

“那須ハイランドパーク”に到着するなり、筆者を待ち受けていたのは“連邦の白い悪魔”こと“ガンダム”である。なんとそこには“ララア”もいるではないか! 私を導いてくれたというのか……。実はこの2人(1人と1機)は、コスプレをしたお客さんとのこと。快く撮影に応じてくれてありがとうございます。

平和な園内に突如として現れた『機動戦士ガンダム特別展』!

穏やかな那須の山脈にある“那須ハイランドパーク”は取材中も若者や恋人たちでにぎわっており、まさかここにモビルスーツがあるとは想像もつかない。しかし情報によればここに“ザク”が隠されていることは間違いない。見える、私にも敵が見えるぞ!

ついに姿を現した赤いモビルスーツ。

施設に足を踏み入れて間もなく、異様な存在感を放つ赤いモビルスーツに迎えられた。ついにMS-06“ザク”とご対面を果たしたのである。通常のザクとは異なる赤いカラーリングは“シャア・アズナブル”の異名“赤い彗星”の証である。正確な名称は“ザクⅡ”であるが、詳しいウンチクは割愛しておこう。「MS-06」じゃなくて「MS-06S」だとか、そういった事を忘れてしまうほどに衝撃的な存在感である。お台場のガンダム同様、こちらも実物大。で、でかい!

細かいディテールも凝っている。まさにここはジオン軍秘密基地!

ただのオブジェではなく、しっかりと軍事兵器としての細やかなディテールにもこだわりが見られる。“ザク”のボディには、それが「乗り物」であることを思い出させる注意書きなどがあり、“ザク”の周囲にある謎の機械群にも「ジオン」の文字がしっかりと載せられている。「今まさにメンテナンスを施されている」といった雰囲気が“ザク”を収容する建物全体からあふれているのだ。ここは間違いなく、ジオンの整備工場である。『ガンダム』が好きな方はもちろん、物語はよく分からないけど『ガンダム』は知ってるといった方でも、一種の観光地的にその雰囲気を楽しめるだろう。この催しは、2015年1月5日(月)まで開催されるので、この圧倒的な存在感を是非その目で見て欲しい。

カテゴリー : エンタメ タグ :
まがりんの記事一覧をみる ▶

記者:

車担当。 q@magarin.net

TwitterID: magarin_14

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP