ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プレミアリーグ優勝トロフィーが六本木ヒルズに! 『Aeroflot activation in United Trophy tour in Tokyo』レポート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

サッカー・イングランドのプレミアリーグ2012-13年シーズンを28勝5分5敗と圧倒的な強さで制覇したマンチェスター・ユナイテッド(以下マンU)。日本代表の香川真司選手がドイツ一部・ドルトムントより移籍し、名将サー・アレックス・ファーガソン監督が指揮する最後のシーズンとなったという意味でも記録にも記憶にも残ることは間違いないところですが、その優勝トロフィーが2014年3月9日に東京・六本木ヒルズでお披露目。1998-99シーズンのトレブル(三冠)の達成などに貢献したアンディ・コール氏が駆けつけ、トークやグッズのプレゼントなどファンとの交流が行われました。

この日のイベントには、サッカー好きで知られるタレントの土田晃之さんがゲストとして登場。プレミア優勝トロフィーを直接見られるということもあって「仕事で来ている感じじゃない」といい、貴重な機会を楽しみにしていた様子。

2013年7月1日からマンUのオフィシャルパートナーとなっているロシア最大の航空会社アエロフロート。2014年3月9日よりコラボプロモーションがスタートすることもあり、イベントにはアエロフロート日本支社長のセルゲイ・A・モイセエフ氏が出席して日本語でスピーチ。

「マンチェスター・ユナイテッドは世界最大のサッカークラブ。これからは特別ペイントした機体でチームを運ぶ予定です」と話し、公式航空会社として、マンUのチーム・関係者の移動を全面的にサポートすることをアピールしました。

1994年から2001年までマンUに在籍し、数々のゴールを奪ってきた名FWだったコール氏の登場に、会場からは大きな拍手。「今日はたくさん集まってくれてありがとう。このようなイベントを開いてくれたアエロフロートにも感謝します」とジェントルマンぶりを発揮しました。

航空会社とのコラボイベントということで、機内での過ごし方について質問されると「寝るしかない(笑)。あとは音楽やゲーム。“子供に返る”というのがキーワードかな」と話し、「毎日の移動で時差ボケが大変。文句言っているのではないけどね」と笑わせました。

そんな中、お待ちかねのチャンピオントロフィーの登場。まじまじと眺める土田さんに「持ってみてもいいよ」とコール氏。

両手で高々と掲げた土田さんは「テレビに出るより緊張しました」と第一声。

「(トロフィーの)一部がへこんでいるんだけど、優勝が決まって興奮して誰かが落とすんだよ。少なくとも私じゃないけどね!」というエピソードを披露したコール氏。土田さんからの「ファーガソンってどんな人?」という質問には「Cool Guy(いい人だよ)。ちょっと感情的になることもあるけれどね」と答えにくそうにしていましたが、現在のマンUについては「プレイヤーが貢献できることはたくさんある。中でもルーニーはますます重要な選手になる。契約が更新できたのは間違いのない選択だと思う」とアンバサダーらしいコメントをしていました。

また、マンUの一員として奮闘中の香川選手は、ビデオメッセージでアエロフロートとのキャンペーンをPR。“Shinji”に対するコール氏の評価が気になるところではありますが、「ドルトムントで2シーズン活躍したし、彼の前途は明るいと確信しているよ」とのこと。

イベントにはフリースタイルフットボーラーの横田陽介さん、加藤裕一さん、町村拓朗さんも参加してパフォーマンスを披露。自在なボールさばきで会場を沸かせました。

演目中には、組体操のピラミッドのような姿勢になり、足一本でボールを静止させる場面も。これにはコールさんも「素晴らしい! スタッフから“ウォームアップ”だと聞いていたのだけど、それどころでないとよくわかったよ」と脱帽の様子でした。

集まったファンを対象にしたクイズ大会と抽選会を実施。アエロフロートの飛行機模型やマンUオフィシャルのサッカーボールのほかに、香川選手、マイケル・キャリック選手、アンデルス・リンデゴーア選手のサイン入りのユニフォームも用意。プレミアすぎるこのアイテムは「これから渡英してリバプール戦を見に行く」という熱心なマンUファンの男性がゲット。これには土田さんも「ゴリゴリのファンに当ってよかった。観戦する時に持って行ってもらいたい」とリクエストしていました。

“赤い悪魔”の日本人サポーターにとってプレミアのトロフィーを間近に見られる貴重な機会となったこのイベント。今後、アエロフロートは都内の商業施設でのフォトブースの設置やホログラムによるトロフィーのバーチャル展示といったマンUコラボのプロモーションを実施するほか、年内にはマンUデザインラッピングの機体を成田空港で公開する予定とのこと。

マンUは2013年のオフシーズンにアジアツアーを実施し、香川選手の古巣でもあるセレッソ大阪などとプレシーズンマッチも開催しているので、次回の来日の際にはアエロフロートの機体から降り立つということになるのではないでしょうか。

Aeroflot and Manchester United (キャンペーンサイト)
http://manutd.aeroflot.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP