ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 4.4.2ベースのCyanogenMod 11 M4ビルドがリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

CyanogenModの開発チームは3月8日、CyanogenMod 11のMビルド第4弾のリリースを発表しました。Mビルドは1か月に1度、その時点までに実装された内容をスナップショットとして提供しているCyanogenModの開発版です。日次で提供されるNightlyビルドよりもバグは少なく、安定性も高められているので、常用レベルには達していると思いますが、機能面はNigltlyビルドとさほど変わりません。M4ビルドにおける主な変更内容は次の通りです。Immersive Mode:スワイプジェスチャーにおける偶発的なクリックを防止する変更を追加Bluetooth LE:Wipower SDK APIをサポート、その他様々な修正ナビゲーションバー:左手モードを追加(ランドスケープモードのみ有効。つまり、タブレットは非対応)モーションアクセラレーターをサポートボリュームパネルの透過表示をサポート翻訳を修正メディアプレイヤーにおいて、サスペンド/リジュームを行なう新APIを追加CMイースターエッグを追加QuickSettingsパネル:ボリュームタイルの表示を改善最近起動したアプリ一覧をローエンド端末向けにチューニングテーマエンジン:クラッシュ問題を修正パフォーマンス:マルチコア端末でのブートを高速化。ローエンド端末上でハイエンドのグラフィックスオプションを強制するオプションを追加Trebuchet:アイコンマスクと背景を分離Settings:復数のハンズフリー端末をサポートPrivacy Guard:パーミッションリセット時の確認画面を追加Profiles:拡張デスクトップをサポートSource : CyanogenMod Blog



(juggly.cn)記事関連リンク
これがOnePlus OneのAntutuスコア?
日経がワールドカップブラジル大会の公式Androidアプリ「日経W杯2014」をリリース、決勝トーナメントの組み合わせをシミュレーションすることも可能
Sonyの6.4インチタブレット「Xperia Z Ultra SGP412」が47,800円に値下げされる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP