体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

野菜や果物で映画の効果音を作り出す! 「フォーリー・アーティスト」ってどんな仕事?

Foley pix for __ZUMUSATA__2

『ワイルド・スピード』シリーズでおなじみのヴィン・ディーゼルがダークヒーロ“リディック”に扮するSFアクション『リディック:ギャラクシー・バトル』。銀河の彼方に取り残されたリディックの首を狙う賞金稼ぎ。決戦がはじまろうとした時、嵐と共に未知の生命体の大群が出現して……。

全米初登場1位を記録したSF超大作、映像も音響もそれはそれはものすごい迫力です。CG全盛期のこの時代、音だって全部機械で作ってるんでしょう? そう思う方も多いでしょう、しかし本作では“生音”で効果音を作る「フォーリーアーティスト」が大活躍しているんです。

『リディック:ギャラクシー・バトル』で効果音を担当したフォーリー・アーティストの小山吾郎さん。デンゼル・ワシントン主演「フライト」、マット・デイモン主演「エリジウム」、本年度米アカデミーノミネートの「アメリカン・ハッスル」など、様々な作品で活躍しています。

フォーリーアーティストってどんな仕事? どうやって音を作っているの? 今回は小山吾郎さんに電話インタビューを敢行。音作りについて色々とお話を伺いました。

Foley pix for __ZUMUSATA__6

――まずフォーリーアーティストがどの様なお仕事なのかを簡単に教えていただけますか?

小山吾郎(以下、小山):フォーリーというのは映画やテレビの効果音を録音するプロセスの一つです。映像に合わせて色々な物を使って音を出すという。日本では「生音」と言ったりしますね。

――どんなに技術が発達しても生音でしか表現出来ない効果音があるのですね。

小山:そうですね、実際に人間が出した音じゃないとリアルな演出が出来ない場合があります。例えば水の音は機械では作れない音ですね。フォーリーというのは映画に音がつくようになった時代からあるものなので、とても古い技術で、映画を人間が作っている限りは無くならないアートです。先輩達が培ってきた技術を受け継いで使っています。あと、フォーリーの醍醐味は作品ごとに音の出し方を変えていく所にあって、材料は大体同じ物になりますが、少しずつ工夫をして音を作っています。

Foley pix for __ZUMUSATA__7 Foley pix for __ZUMUSATA__3

――小山さんが音作りしている時の写真を見たのですが、野菜をかじったり、パスタや鶏肉を使ったり、これから映画の効果音が出るなんて想像出来なくて面白いですね。

小山:先輩達が築き上げてきたレシピはもちろん、自分で色々試行錯誤して作ります。セロリとグレープフルーツは大好きですね。グレープフルーツは人間の体や動物の体を刺す音を作る時に使います。皮が固くて、実も肉厚で、汁が入ってるので、ピッタリの音が出るんですよね。重宝しています。

――そういう作業をしていると、食事をしている時でも「これ何かに使えるかも」と、考えてしまうのでは?

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会