ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「『あまちゃん』『半沢直樹』との3強対決を制し『家族ゲーム』が年間ドラマ大賞!」にネットで疑問の声も

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

先月2月26日に、下記の記事がテレビ情報誌『TV LIFE』のサイトに掲載された。

2013年「年間ドラマ大賞」は櫻井翔主演『家族ゲーム』に決定!

TV LIFEお正月特大号及びTV LIFE Web上で募集した「第23回年間ドラマ大賞2013」の受賞作が決定した。作品賞(大賞)は、『あまちゃん』『半沢直樹』との“3強対決”の激戦を制した『家族ゲーム』が見事受賞。突拍子のない発言や行動で周囲を翻弄する不気味な家庭教師・吉本荒野(櫻井翔)の破天荒ぶり、さらにはいじめシーンのリアルな演出や落差の激しいストーリー展開など、他の作品にはないその強い“衝撃度”が受賞の決め手となった。(略)

ウェブなどで投票が行われていたようで、そうなると「ジャニーズ強し」といった感じではあるが、『あまちゃん』『半沢直樹』と『家族ゲーム』で“3強”というのには疑問を持っている人もネット上で散見されるようである。

その『家族ゲーム』の視聴率、『Wikipedia』によれば

第1話 12.0%
第2話 13.7%
第3話11.1%
第4話12.2%
第5話 12.4%
第6話 12.9%
第7話13.6%
第8話 12.6%
第9話 12.4%
最終話 16.7%

で平均視聴率は13.0%だったとのこと。

一方、『半沢直樹』は

第1話19.4%
第2話21.8%
第3話 22.9%
第4話 27.6%
第5話 29.0%
第6話29.0%
第7話 30.0%
第8話32.9%
第9話 35.9%
最終話 42.2%

で平均視聴率は28.7%だった。特に
スパリゾートでほとんどみんなが半沢直樹を見ている画像が話題に TBSテレビ宣伝部もその感想をツイート
http://getnews.jp/archives/422453[リンク]
という記事等でもお伝えしたが、最終回あたりのフィーバーぶりは凄かった。

一方で『あまちゃん』は平均視聴率20.6%、最高視聴率は27.0%だったとのこと。

また、2013年の流行語大賞には「今でしょ!」「お・も・て・な・し」とともに『あまちゃん』の「じぇじぇじぇ」や『半沢直樹』の「倍返し」が入るなどして『あまちゃん』『半沢直樹』は確かに社会現象だったと思えるのだが。

大賞受賞の記事に関して、『Twitter』では「投票してよかった」とか「いいドラマだった」等の好意的なツイートが多いようだが、疑問の声も多くある模様である。

※画像は『TVLIFE』のサイトより

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP