ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マコノヒーがHIV患者、ジャレッド・レトがトランスジェンダーを演じアカデミー賞ダブル受賞 映画『ダラス・バイヤーズクラブ』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


日本時間で3月3日に発表となった第86回アカデミー賞。
そのなかで主演男優賞(マシュー・マコノヒー)、助演男優賞(ジャレッド・レト)、メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞したのが『ダラス・バイヤーズ・クラブ』だ。日本でも2月22日より劇場公開されている。

『ダラス・バイヤーズ・クラブ』ってどんな映画?

マコノヒーが演じるのは、賭博と酒と女の日々を送るデタラメな男・ロン。彼はある日突然、「HIV陽性で余命30日」と宣告される――が、落ち込むどころか特効薬を求めて東奔西走。ある時は神父に成りすまし、ある時はパイロット、ある時はビジネスマンルックで世界中を飛び回り、最新薬を集める。

HIVの薬を国内に持ち込んだ彼は、患者たちにさばき始めるが、ゲイ・コミュニティーに嫌悪感を持つロンが販路を広げるのは難しかった。そこで登場するのがジャレッド・レト演じる美しいトランスジェンダーのレイヨンだ。ロンはレイヨンを仲間に引き入れ、“ダラス・バイヤーズクラブ”という組織を立ちあげ、会費制で無料で薬を配り、多くの顧客を得て勢いづいていく。しかし、彼らの前に立ちはだかったのは、AZTという薬の投薬を推奨しはじめた医師に製薬会社、そして政府だった――。

今作は、司法と孤軍奮闘し“生きる権利”を訴え続けた一人の男の7年間の記録。マイナスから発するエネルギー溢れる姿は、見る人誰をも魅了し、勇気と希望を与えてくれる。




アカデミー賞でのジャレッド・レトの写真(Twitterより):https://twitter.com/TheEllenShow/status/440319159109316608/

例の少ない“主演男優賞&助演男優賞”のダブル受賞

『ダラス・バイヤーズ・クラブ』が成し遂げた“主演男優賞&助演男優賞”のダブル受賞は、アカデミー賞の長い歴史の中でも例の少ないことだ。以下がその作品群である。

『我が道を往く』(1945) ビング・クロスビー/バリー・フィッツジェラルド
『我等の生涯の最良の年』(1947) フレデリック・マーチ/ハロルド・ラッセル
『ベン・ハー』(1960) チャールトン・ヘストン/ヒュー・グリフィス
『ミスティック・リバー』(2004) ショーン・ペン/ティム・ロビンス
『ダラス・バイヤーズクラブ』(2014)マシュー・マコノヒー/ジャレッド・レト

アカデミー賞のスタートは1929年。85年の歴史の中でわずか5作品だというから驚きである。
今作の役を演じるためにマコノヒーは21キロの減量、レトは18キロの減量をもって役に臨んだという。その演技の出来は、今回の受賞の報を聞けばお分かりだろう。

映画『ダラス・バイヤーズ・クラブ』は新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国で上映中。大きなスクリーンで珠玉の作品を是非ご覧あれ。

公式サイト:http://www.finefilms.co.jp/dallas/



予告編:https://www.youtube.com/watch?v=pHsEYmLtbvM

(C) 2013 Dallas Buyers Club, LLC. All Rights Reserved.

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP