ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia M用のCyanogenMod 11がFree Xperia Projectからリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileの2013年エントリーモデル「Xperia M」のCyanogenMod 11がFree Xperia Project提供のFXP309ビルドで正式にサポートされました。Xperia Mは、4インチ854×480ピクセルの液晶ディスプレイ、Snapdragon MSM8227 1.0GHzデュアルコアプロセッサ、1GB RAM、4GB ROM、背面に500万画素カメラ、1,700mAhバッテリーを搭載した3Gスマートフォン。製品は2013年6月より販売されていますが、ようやくCyanogenMod 11が利用できるようになりました(Beta版は以前より提供されていましたが・・・)。CyanogenMod 11の導入方法は、FXP309ビルドの配布サイトより「FXP309-cm-11-20140302-UNOFFICIAL-nicki.zip」をダウンロードしてPC上で解凍します。解凍してできたフォルダ内の「boot.img」をXperia MにFastbootコマンドを利用して書き込みます(ブートローダーアンロックが必要)。その後、ClockworkModリカバリを起動して、ダウンロードしたCyanogenMod 11本体とGAppsを順にインストールします(手順は他のXperia端末の場合と同じです)。Source : Free Xperia ProjectFXP309ダウンロード先



(juggly.cn)記事関連リンク
Tegra K1 64bit版"Denvor"のベンチマークスコアが公開、スコアはクアッドコアの32bit版と大差なし
Android版「Flipboard」がGoogle+サインインに対応
HTC中国法人がデュアルSIM対応の「Desire 310(HTC D310W)」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP