ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy S 5 16GBモデルでは、内蔵ストレージの約半分がシステム用に使われていることが判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungの新フラッグシップスマートフォン「Galaxy S 5」の16GBモデルは、内蔵ストレージの物理的な容量の大よそ半分の8GBしか空いていないことが判明しました。写真はMWC 2014の会場に展示されていたGaalxy S 5 16GBモデルです。ストレージの空きスペースを表示すると、空き容量は「7.86GB」と表示されています。残りはOSの動作に必要となるシステムファイルやプリインストールアプリなどで占められています。デモ機なので事前にアプリが追加されている可能性もありますが、システムファイルの容量はGalaxy S 4と同レベルのようです。Galaxy S 5はMicro SDカードを利用できるので、それを利用した場合は容量不足に悩まされることはないと思いますが、仕様上の容量との大きな差があり驚きの声が上がっています。ちなみに、Glaxy S 4 16GBモデルの実効容量は8.82GBだったので、Galaxy S 5ではGalaxy S 5から減ったことになります。Source : Android Central



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、Xperia Z2やXperia Z2 Tabletで飛散防止フィルの使用を中止
NTTドコモ、ドコモ以外のスマートフォン・タブレットユーザー向けに「dマーケット」を提供開始
MWC 2014 : LG、普及型LTEスマートフォン‟Fシリーズ”の新モデル「LG F70」と「LG F90」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP