体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

こんなイケメンが罠にかかるなんて! 罠ゲー『影牢』シリーズ最新作の驚愕ムービーとイケメンインタビュー「知らないと思いますけれど、風船は本当に怖いんです」

影牢 ダークサイドプリンセス

先に言っておこう。ノンスタイルの井上さんは、イケメンだ。

ノン・スタイル 井上さん

……あ、ブラウザ閉じないでください。お願いします。後述のリンクはかなり面白いので損はしません、きっと!

今回の取材は、web用・特別ムービーの収録現場。今回特別に取材させていただけることになった。

かつて大きな話題となった『刻命館』『影牢』『蒼魔灯』などの通称『影牢』シリーズ。
この『影牢』シリーズ最新作である『影牢 ダークサイドプリンセス』リリースされるにあたり、スペシャルコンテンツが製作されることになったのだ。

悪になれ!何の罪もない人をワナにかけろ! ――『影牢』シリーズとは

『影牢』シリーズは、「剣も銃も使えない非力な主人公が、館にやってくる人々をトラップにハメて倒す」という「悪」視点の「トラップアクション(悪ション)」ゲーム。

影牢 ダークサイドプリンセス SS2

記者も1988年に発売された『影牢』をひたすらプレイしたうちのひとり。何も知らずに屋敷に忍び込んできた村人たちをワナにかける罪悪感はハンパない(ご丁寧に、その村人がどんな性格でどんな人となり、生い立ちなのか、なども「村人用プロフィール画面」から確認できるので変な感情移入まで誘うのだ。ひどい!)。

しかしその罪悪感が次第に快感へとつながっている自分に気が付いた時、エンディングに勝るとも劣らない衝撃を覚えた記憶がある。

新作『影牢 ダークサイドプリンセス』はPlayStation3、PlayStation Vitaのクロスプラットフォームにて発売される。

コンセプトはそのままに、ゲーム内容、インターフェースやグラフィックは刷新されて登場となる。新作タイトルの発売にともない、今回「スペシャルコンテンツ」が登場する(リンクは後述)。

ノンスタ井上「そんなんじゃワナにかかりませんよーだ」

このスペシャルコンテンツは、ずばり「NON STYLE(ノン・スタイル)井上さんをワナにかける」というもの。
提示される選択肢に応じて、ムービーの結果がどんどんと変化していくという内容だ。

ノンスタ井上さんほふく前進

すなわち、当日の収録では分岐の数だけ、井上さんがワナにかかったりひどい目に遭う。遭いまくる。しかし、うまくワナにかけられなかった場合には憎たらしいコメントを残しながら去っていってしまうのだ。

見知らぬ通路を歩く井上さんが目にする「異物」。触れると“何か”が起きるのだが、その井上さんの表情は逐一、高性能カメラで収録される。
印象的だったのは、「こうしたほうが面白いですよね」と井上さんが嬉々としながら提案をしている様子。
その結果、「イイ顔」の井上さんのムービーが着々と蓄積されていった。記者が見た限りでも、正直、見ごたえがあるものばかりなので、是非確かめていただきたい。(あと、“憎たらしさ”も相当です)。

ノンスタ井上さん
1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy