ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Qualcomm、同社初の8コアプロセッサを含む「Snapdragon 615」「Snapdragon 610」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Qualcommは2月24日、64bitに対応したハイエンドモバイルデバイス向けのSnapdragon新シリーズ「Snapdragon 615シリーズ」と「Snapdragon 610シリーズ」を発表しました。Snapdragon 615/610はハイエンドのモバイルデバイスをターゲットにした64bit対応のLTEソリューションで、グレード的には昨年の「Snapdragon 600シリーズ」相当になります。サンプル出荷が2014年Q3より行われ、搭載製品の発売は2014年Q4になるそうなので、2015年の中~高価格帯スマートフォン・タブレットで広く採用されると予想されます。Snapdragon 615は8コアCPUを採用した製品で、Snapdragon 610は4コアCPUを採用した製品です。どちらもSnapdragon 410シリーズと同様にARMv8アーキテクチャーのCPUを採用しています。GPUにはAdreno 400シリーズの新モデルとなる「Adreno 405」を採用。2,560×1,600ピクセルのディスプレイ、DirectX 11.2やOpenGL ES 3.0、OpenCL 1.2などのグラフィクスAPIもサポートしています。発表された新製品には第3世代のLTEマルチモードGobiモデムが統合されています。LTE Category 4を始め、LTE-Broadcast、LTE Dual SIM Dual Activeにも対応。もちろん、2G/3Gにも対応していますSource : Qualcomm



(juggly.cn)記事関連リンク
MWC 2014 : HTC、Desireスマートフォン新モデル「Desire 816」と「Desire 610」を正式発表
Qualcomm、最大2.5GHz駆動のSnapdragon 801シリーズを発表
Sony Mobileがメガネ型ARデバイス「Sony SmartEyeglass」の紹介動画を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP