体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MLBを席巻するセイバーメトリクス

エンタメ
MLBを席巻するセイバーメトリクス

 

先日、日本から一足遅れてMLBの球団も続々とキャンプインし始めました。向こうでは、ニューヨークの貴公子デレク・ジーターの引退が大々的に報じられているようですが、日本での関心はなんといっても田中将大。球界を代表するエースがどんな活躍をするのか、野球経験は一切ないのに、なぜか野球オタクになってしまった筆者は楽しみでなりません。
さて、私は野球の数字を追いかけるのが大好きなのですが、そのきっかけとなったのが、MLB専門誌の『SLUGGER』を読み始めたことでした。雑誌で頻繁に引用されていたセイバーメトリクスによる指標は、なぜか筆者にとってたまらなく魅力的で、以降、選手の名前を聞くと、各種記録を調べずにはいられない癖がついてしまいました。このセイバーメトリクスなるものは、今日のMLBでは常識となっている手法で、昨年の楽天もこの手法をチーム編成に取り入れていたようです。
今回は、投手部門のみ、基本的な考え限定ですがこのセイバーメトリクスがいかなものかざっくりと書いてみようと思います。

セイバーメトリクスの有効性

 

「主観に頼らない姿勢」これがセイバーメトリクスの根幹となるものです。
発明したのは、アマチュア研究家のビル・ジェームズという人物で、客観的な数字による野球の分析から、投手、打撃の3部門以外に数多くの指標を生み出しました。ジェームズの手法自体はすでに1970年代に確立されていましたが、その有効性は長年の間疑問視されており、その有効性が注目されるようになったのは2000年代に入ってから。

オークランド・アスレチックスの名物ゼネラルマネージャー(以下GM)、ビリー・ビーンの功績によるものです。
ビーンは将来を嘱望された選手でしたが、結局パッとした成績を残せず28歳で引退。翌年の1990年にオークランド・アスレチックスのスカウトに就任すると、1993年からは前GMであるサンディ・アルダーソンのアシスタントになります。

ビーンは自分が成功しなかったのは、主観による旧来のスカウティングに問題があったのではないかと考えていたようでこのような彼の思想が、MLBに新たな潮流を発生させるきっかけになります。
1995年、前オーナーの死去によりアスレチックス財政状況は急激に悪化このころからアルダーソン前GMはセイバーメトリクスの権威であるビル・ジェームズの理論を参考にしたチーム作りを説いて回るようになります。
後任のビリー・ビーンがGMに就任し、さらにその方針を推し進めると2000年代に入ったころにその成果が現れ始め2001年と2002年にはリーグ最低クラスの総年俸ながら2年連続でシーズン100勝、2000年、2002年、2003年、2006、2012、2013年にはアメリカリーグ西地区を制覇します。
彼の成功に基づき、セイバーメトリクスを重視する「新思考派」と呼ばれる若い世代のGMが台頭するようになりました。28歳の若さでレッドソックスのGMに就任し、チームを86年ぶりのワールドチャンピオンに導いたセオ・エプスタインはその最たる例と言っても良いでしょう。(なお、ビル・ジェームズはエプスタインにアドバイザーとして招へいされ、現在もその任についています。エプスタインは手腕を買われて、低迷するカブスに迎えられました)
元選手のビーンに対して、エプスタインは選手経験のない経営畑の出身ですが、現在のMLBでは選手経験のないGMも多く、貧乏球団ながら毎年激戦区のア・リーグ東地区で好成績を残しているタンパベイ・レイズのフリードマンGMも元証券マンです。(彼もまた、新思考派の代表例です)
さて、やや前置きが長くなりましたが、ビーンが成功を収め、今やメジャーになった理論はどのようなものだったのでしょうか?

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会