ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、Androidデジカメ第2弾「Galaxy Camera 2」を韓国で発売開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungは2月20日、同社がCES 2014で発表したAndroid搭載コンパクトデジカメ第2弾「Galaxy Camera 2(EK-GC200)」を韓国で発売しました。Galaxy Camera 2の現地価格は49万9千ウォン(約47,300円)です。Galaxy Camera 2は、1/2.3型1,630万画素CMOSイメージセンサー(裏面照射型)、光学21倍のズームレンズ(F2.8~5.9・23mm)、光学手ブレ補正機能、ポップアップ式キセノンフラッシュ、4.8インチHD解像度のタッチパネルを搭載したデジタルカメラです。前作(EK-GC120シリーズ)と比較して、光学ズームの倍率が拡大し、NFCにも対応。プロセッサやメモリ、バッテリー容量などの主要スペックも強化されています。Androidベースのデジカメの特徴は、大画面のタッチパネルでスマートフォンを同じ操作方法で写真や動画を視聴したり、共有したり、デコるなどの加工を行えるところにあります。Galaxy Camera 2ではズームレバーが削除されていますが、画面のピンチズーム操作で光学ズームを操作することができます。Galaxy Camera 2ではNFCに対応したことで、NFCに対応したスマートフォンやタブレット、外部機器との連携を容易に行えるようになりました。特にNFCを有効にしてスマート機器にかざすと、連携に適したアプリ(プリンタなら印刷アプリ)が自動的に起動します。また、外部機器に写真を転送する「フォトビーム」、複数の写真をスマートフォンやタブレットなどに一括で転送する「モバイルリンク」、スマートフォンからGalaxy Camera 2をリモート操作する「リモートビューファインダー」もNFCタッチで実行することができます。Galaxy Camera 2のスペックはこちらの記事で紹介しています。Source : Samsung Korea Press



(juggly.cn)記事関連リンク
GoogleがChromecastのプロダクトサポートフォーラムをオープン
Xperia Z SO-02E用の最新ファームウェア「10.3.1.B.0.256」のFTFファイル
アトムシステム、スマートフォンを防犯ブザーに変える防犯対策アプリ「SP365」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP