ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

奇しくもソフトバンクグループ3社で出そろう音声通話の定額サービス 各社の特徴を比較

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ソフトバンクはSoftBank 4GとSoftBank 4G LTEに対応するスマートフォン向けに、4月21日からスマートフォンの音声通話とパケット通信をパックにした定額サービスを開始します。他社の通信会社にかけても無料通話が利用できる定額通話サービスは、既に『だれとでも定額』を提供するウィルコム、定額通話オプションサービスを提供するイー・モバイルにソフトバンクが加わり、奇しくもソフトバンクグループ3社で出そろうことに。3社の料金体系を比較して、それぞれの特徴を見ていきましょう。

3種類のプランに分かれるソフトバンク

ソフトバンクは音声通話だけでなくパケット通信もセットになっているのが特徴で、無料通話の条件とパケット通信量によって3種類のプランに分かれています。『Sパック』は無料通話が1回3分以内で月50回まで、月内のパケット通信が2GBまでで月額5980円(税抜き)。『Mパック』は無料通話が1回5分以内で月1000回まで、月内のパケット通信が7GBまでで月額6980円(税抜き)。『Lパック』は無料通話が1回5分以内で月1000回まで、月内のパケット通信が15GBまでで月額9980円(税抜き)。それぞれ、別途基本料金がかかります。

シンプルなウィルコムの『だれとでも定額』

ウィルコムの『だれとでも定額』は基本料金のプランに加えて加入するオプションサービス。無料通話は1回10分以内で月500回までで、月額980円です。『STREAM』を除くすべてのスマートフォンと携帯電話で利用可能。

イー・モバイルも『だれとでも定額』に 3Gと4Gの2プラン

イー・モバイルは基本料金のプランに追加する『通話定額オプション』として提供していた定額通話オプションサービスを、6月から合併するウィルコムのサービス名に合わせて『だれとでも定額』に名称を変更。3Gスマートフォン向けには『だれとでも定額 for EM』、4Gスマートフォン向けには『だれとでも定額 for EM-S』を提供します。いずれも無料通話は1回10分以内で月300回までで、月額1400円。ただし、『だれとでも定額 for EM-S』は自社間の通話の扱いに違いがあり、EMOBILE 4G-S以外のイー・モバイル携帯電話への通話と、21時から1時までのEMOBILE 4G-Sへの通話は無料通話回数のカウント対象になります。

通話時間と回数で比較

無料通話の対象となる通話時間で見ると、ウィルコムとイー・モバイルが1回10分と長く、ソフトバンクは1回の通話が3分もしくは5分と通話時間が短い人向き。回数ではソフトバンクの『Lパック』が1000回と多く、続いてウィルコムの500回、イー・モバイルの300回、ソフトバンク『Sパック』の50回という順番。通話時間と回数を両方重視する人は、1回10分で500回かけられるウィルコムが使い勝手がよさそうです。

無料通話分を超過した料金で比較

無料通話分を使い切って、通話料金が発生するケースで考えると、最も安いのはイー・モバイルの『だれとでも定額 for EM』で18.9円/30秒。続いてウィルコムの『だれとでも定額』、イー・モバイルの『だれとでも定額 for EM-S』の21円/30秒。ソフトバンクは最も高く30円/30秒(税抜き)となっています。

自社間の無料通話で比較

定額通話サービスで実は重要なのが、同じ通信会社同士の通話で適用される、自社間の無料通話。同じ通信会社を使っていて、通話頻度が高い家族や友人との通話が無料になるかどうかで、料金は大きく違ってきます。

ウィルコムの『だれとでも定額』とイー・モバイルの『だれとでも定額 for EM』は、基本料金の範囲で自社間の通話は24時間無料。イー・モバイルの『だれとでも定額 for EM-S』は、EMOBILE 4G-S以外のイー・モバイル携帯電話への通話と、21時から1時の時間帯でのEMOBILE 4G-Sへの通話は自社間通話の無料対象から外れて無料通話回数のカウント対象になるのは前述のとおり。ソフトバンクの定額通話プランは、従来の『ホワイトプラン』のような自社間の無料通話がなく、ソフトバンク同士の通話も無料通話回数のカウント対象になるのが注意したいところ。ただし、『ホワイト家族24』は継続して提供されるので、家族同士の通話は24時間無料にできます。

トータルで考えると、ソフトバンクは『iPhone』で定額通話サービスを使いたい通話時間の短い人向き、イー・モバイルはスマートフォンで通話をよくする人向き、ウィルコムは携帯電話を含み通話時間を重視する人向きといえそうです。4月から3社出そろう定額通話サービス。買い替えや2台目の購入を検討している人は注目しておくとよいのでは。

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP