ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

指の痛みはスマホ腱鞘炎かも?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近年、スマホ操作による腱鞘炎が増えている

突然ですが、質問です。「手をぎゅっと握りしめて、パッと開く」。この動作がなめらかにできますか?バキバキッと音がしたり、うまく指が曲がらなかったりしませんか?

指を使いすぎると腱と腱鞘がこすれて炎症が起き、指の曲げ伸ばしに支障が出たり、手首や指が痛んだり、スムーズに動かせなくなったりします。このような症状が腱鞘炎(けんしょうえん)です。これまでは、キーパンチャーやピアニストなどの職業病として知られていましたが、最近は、スマホ操作により引き起こされるケースが増えています。

症状が悪化すれば、筋肉が固まって手首や指が動かせなくなったり、手術が必要になって後遺症で悩まされたりと、手が不自由な生活を送る羽目になってしまいます。軽症でも軽視せず、しっかりと治すようにしてください。

腱鞘炎かどうかセルフチェックを

・指がだんだん痛み出した。
・指を動かしたとき変な音が出る。
・親指の付け根に圧痛や腫れ、手首の痛みが起こる。
・手や指を使うと痛み、握る動作などができない。
・指から肘(ひじ)の間の筋肉を押すと痛む場所がある。
・決まった動作をすると痛むことがある。
・指を強く伸ばしたときの痛みが出る。

上記のような症状は腱鞘炎の疑いがあります。

腱鞘炎には「ばね指(弾発指)=手指の屈筋腱に起こる(すべての指に起こり得る)」「ドケルバン氏病(ドケルバン病)=手首の親指側に起こる」と、主に二つのタイプがあります。

ばね指は、指の腱と腱鞘の間で炎症が起こり、腫れが大きくなって指の曲げ伸ばしの際、腱が腱鞘に引っかかるようになります。そのため、曲げた指を伸ばそうとすると痛みや引っかかりを感じ、力を加えるとバネがはねるように指先がピンと伸びます。また、指を曲げようとすると、コキッと音がすることもあり、右手親指の付け根に最も多く発生します。

ドケルバン病は、手首の親指側の腱鞘に炎症が起こり、腫れて痛むものです。重症化すると親指を広げることができなくなります。指を広げて親指をそらすようにしたとき、親指と手首をつなぐ二本の腱が浮き上がりますが、この二本の腱は手首の親指側にある腱鞘の中を通っています。親指の使いすぎによる刺激で、その腱鞘が厚くなったり腱が傷んだりして、親指を動かすと強く痛みます。親指を内側にして手を握り、手首を小指側に倒したときに痛みがあれば、ドケルバン病かもしれません。

女性に多いのが特徴。腱鞘炎になる原因はさまざま

指や手首には、腕の筋肉から腱という「すじ」が伸びていて、骨と筋肉をつないでいます。腱鞘は、腱を包むトンネルのようなもので、指を動かすときは、腱が電車のように腱鞘の中を行ったり来たりします。仕事や手芸、家事などで、長時間にわたり手指を酷使している人は、この電車の往来がスムーズにできなくなり腱鞘炎になります。

女性に多いのが特徴で、妊娠中や出産直後、更年期の女性は、ホルモンの影響で腱鞘が縮んだり硬くなったりすることが原因と考えられています。また、加齢により関節が硬くなって発症するケース、筋肉損傷や関節炎、ケガなどから生じる場合もあります。

職業的にはパソコン作業、あるいはマウス使用で手首と指を酷使している人や演奏家、テニスやゴルフなどスポーツをする人、スマホやタブレット端末を頻繁に使う人に発症例が多い病気です。

ストレッチで予防。熱を感じる場合はしっかりと冷やす

腱鞘炎は、慢性化すると根治治療が難しいので、ストレッチで予防しましょう。指や手首をよく使ったあとは、なるべくストレッチをして筋肉の緊張を解きます。曲げ伸ばしをしてほぐしておけば、腱の負担も減り炎症が起きにくくなります。少し熱を感じるなど、炎症を起こしている可能性がある場合はしっかりと冷やして、痛みが出ないかを確認しながらストレッチをしましょう。

痛みを感じるときは安静にして、整形外科、整骨院など専門の医療機関を受診することをオススメします。痛みをがまんして使い続けることは、腱鞘の寿命を縮めてしまいます。しっかりと手を休ませましょう。また、精神的ストレスなどによるホルモンバランスの変化が、腱鞘炎の原因になる場合もあるので、ストレスをためないことも大切です。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP