ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女流官能小説家が教える 男性が陥りがちなセックスの“誤解”

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


 セックスとは何か。官能とは何か。それらは人間にとって永遠のテーマだ。
 そんなテーマについて思索を深めたい人は、『女流官能小説の書き方』(藍川京/著、幻冬舎新書/刊)を目に通してみてほしい。
 著者は、官能小説を多数生みだした女流官能小説家・藍川京さん。官能小説の書き方を語るという形で、男女のセックスや官能について、あますところなく語っている。
 ここでは本書から、男性が陥りがちなセックスの“誤解”を紹介したい。

■女性は必ずしもエクスタシーを求めていない
 セックスでありがちなのが、男性が女性に「いった」かどうか確認し、女性がげんなりするパターンだ。
 男性はセックスの際、精液を吐きだすことで性欲を発散させる。つまり、男性にとっては射精によってセックスの行為は完成するのだ。一方で、女性にとって、セックスの終わりは必ずしもエクスタシーを意味しない。
 女性は行為そのものよりも、心で快感を得る生き物だという。したがって女性にとって、セックスでは肉体的な悦びだけでなく、男に愛されている・守られているという実感を得ることが非常に重要だといえる。
 セックスでは女性がエクスタシーに達することよりも、軽く抱きしめたり、やさしい言葉をかけたりすることを重視したいものだ。

■処女を喪失してすぐに快感が訪れるはずがない
 処女を喪失したばかりの女性が、快感を覚える……。アダルトビデオや官能小説ではそんな描写は少なくない。
 しかし、処女喪失したばかりの女性が快感を味わうことは、実際にはまずありえないと著者は主張する。
 処女喪失の痛みや出血についても、実際には人によって本当にさまざま。さほど痛まず出血の少ない人もいれば、苦痛とともに大出血する人もいる。また、激しい運動をする人は自然に処女膜が破れ、初めての性交でも痛みや出血がないという。
 セックスについて画一的なイメージを持たず、相手のペースに合わせることが、セックスの第一歩だと言えそうだ。

 いかがだろうか?
 人間が避けては通れないテーマ・セックス。本書を参考に、正しいセックスの知識を持って性生活に臨みたいものである。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
イマドキの女性はどんなセックスをしているのか?
女性がカラダを許すときの“OKサイン”とは?
若者たちを覆う“スクールカースト”の闇

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP