ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人材に金を出さないのが不況の原因

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

人材に金を出さないのが不況の原因

「コンビニ店員に腹立った話」 2014年02月06日 『はてな匿名ダイアリー』
http://anond.hatelabo.jp/20140206213736

まあ上記は釣りだろうけど、口には出さなくても内心同じ考えの人は多いのではなかろうか。店員に接客能力を教育するには金がかかる。この当たり前のことを、知ってか知らずか都合よく無視している人が多い。極端な話「常識だろ」「人間としての基本だ」とか理由をこじつけて、とにかく教育に金を出さない。

これは接客業に限らず、日本の国際競争力の低下を嘆く人も同じ。創意工夫しろ、新しい発想が必要とかいうけれど、そういう発想ができる人間はそこらに転がっているわけではない。企業がそういう貴重な人間を集めるには金がかかる。

いいかえればそういう部分に金を回すには、とりあえず会社を儲けさせなければならない。儲けが多いからそういう部分に金をかけられるのであって、なにも条件を変えずに「工夫をしろ」というのは、「気合で頑張れ」といってるのと同じ。精神論なんだよね。

   *   *   *

日本の国際競争力が落ちたのは、日本人が馬鹿になったからではない。過去20年間の円高で企業の売り上げが減り、人材に金をかけられなくなったから。金がなければ高い金を出して優秀な人材を集めるよりも、安い凡百の人材を集めることになる。

あるいはせっかくの優秀な人材に十分に時間を与えず、目先の売り上げを上げることに注力させる。

アイディアを考えるのは無料だと思ってるんですかね。

   *   *   *

日本人はイノベーションを起こせないと嘆く人は、そこで思考停止しないで、なぜできないのか?もう一歩進んで考えるべき。それを考えずに、企業の怠慢だとか言ってる人は、ブラック企業と同じ。気合で頑張ればなんとかなる!と。

でもこうやって日本企業を批判している人たちと、ブラック企業を批判している人たちって被る気がするのは俺だけ?なぜそうなったかを分析せず「反省しろ」「改善しろ」「努力が足りない」「工夫が足りない」とか叩く対象が、企業か労働者かの違いだけ。

日本経済を復活させるには「根本的な改革が必要」とか言ってる人に限って、なにをどうすれば改革になるのか?は、「なんとかしろ」というだけで全然根本的じゃないよね。

執筆: この記事はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2014年02月13日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP