体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これが陸上自衛隊第11旅団の野戦築城訓練の成果だッ! 『第65回さっぽろ雪まつり』レポート

都心で27cmの積雪を記録し20年ぶりの大雪となった先週末の関東地方。翌日、雪の積もった路上や公園にはそこかしこに雪だるまなどの雪像が造られ、道行く人の目を楽しませていた。中でも特に気合の入った作品はTwitterにアップされ、多くの人に共有されている。

だがしかし! 雪の王国・北海道(今適当に付けたキャッチコピー)の本場の雪像はこんなものではない。2月11日まで開催された『第65回さっぽろ雪まつり』で展示されていた198の氷雪像の中から、まずはこちらの大雪像をご覧いただこう。

7丁目会場に現れたこの『スルタン・アブドゥル・サマド・ビル』は、マレーシア・クアラルンプールに実在する旧連邦事務局ビルをモデルに造られた高さ18m・横幅28m・奥行20mの大雪像。
制作したのは陸上自衛隊第11旅団。ある種のアレルギーのある人は「なんで自衛隊が雪遊びなんかしてるんだ!」と思われるかもしれないが、これもれっきとした野戦築城訓練の一環なのだ。このような大規模な雪像は、切り出した雪のブロックを積み上げ、それを削り出すことによって造られる。この工程は、塹壕を掘り土のうを積み上げて防御陣地を構築する野戦築城そのもの。500台ものトラックで大量の雪を運ぶ作業も、部隊運用のためのいい訓練となっているはずだ。

1955年から『さっぽろ雪まつり』の大雪像制作に協力してきた陸上自衛隊の雪像制作技術は、規模と芸術性の両面において、もはや並ぶもののないレベルに達しており、市民への技術協力なども行っている。今年は季節外れの降雨で制作中の雪像が溶け出すアクシデントに見舞われたものの、無事3つの大雪像を完成させ、200万人以上の観光客がその白銀の造形美に酔いしれていた。

時計台が前にせり出しているのは見栄えのためではなく、制作中に襲来した暖気で溶けて傾いてしまったせい。5日午前には世界各国の大臣・大使ら政府要人を招いて開会式が行われ、第11音楽隊のファンファーレで華を添えた。
ちなみに第11旅団には、太平洋戦争終結後、日ソ中立条約を一方的に破って侵攻してきたソ連赤軍を海に追い落として北海道を守り抜いた戦車部隊の士魂を受け継いだ精鋭機甲部隊・第11戦車大隊も配置されている。

5丁目会場『大雪像 ウインタースポーツ天国、北海道!』

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会