ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

英ARM、モバイル向け新型CPU「Cortex-A17」を正式発表、MediaTekがLTE対応の新SoC「MT6595」で採用を表明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

英ARMは2月11日、新たなモバイル向けCPU IPコア「Cortex-A17」とモバイル向けGPU IPコア「Mali-T720」を発表しました。どちらも2015年のミッドレンジスマートフォンをターゲットにした製品です。Cortex-A17はARMv7-Aアーキテクチャーをベースに最大4コアをサポートした28nmプロセスのCPU。Cortex-A9よりもパフォーマンスは60%向上、電力効率も同クラス最高水準とされています。また、ARMのCPU選択技術となbig.LITTLE構成にも対応しています。Mali-T720はMidgardアーキテクチャーをベースに8つのシェーダーコアを内蔵したGPU。OpenGL ES 3.0、Open CL 1.1、DirectX 11などをグラフィクスAPIサポートしています。特にエントリー~ミッドレンジクラスのAndroidスマートフォン、タブレット向けSoCをターゲットにしており、Androidにも最適化されています。製品ラインとしてはMali-450の後継にあたり、それと比較してパフォーマンスは最大50%向上、電力効率も150%向上しているそうです

ARMがCortex-A17の発表したのに合わせて、台湾MediaTekもそれを採用したスマートフォン向け新SoC「MT6595」を発表しました。MT6595は同社初のLTE対応製品で、次のような仕様になっています。Cortex-A17×4+Cortex-A7×4のオクタコアCPU、big.LITTLE HMPPowerVR Series6 GPURelease 9 Category 4 FDD/TD-LTE対応のマルチモードモデム搭載DC-HSDPA+ 42Mbps、TD-SCDMA、EDGEにも対応MT6595の出荷時期は2014年上半期中で、2014年後半に搭載製品が発売される見込みです。Source : ARMMediaTek



(juggly.cn)記事関連リンク
Android/Firefox OS両対応の「Geeksphone Revolution」は2月20日に発売、価格は€239(約33,000円)+VAT
Galaxy S 5は超狭額縁デザインを採用、ディスプレイ下部は指紋リーダーとしても機能する
Samsung、中国で5.8インチ大画面スマートフォン「Galaxy Mega Plus(GT-I9152P)」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。