体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Nexus 7(2013)のUI要素をホワイトカラーに統一してスッキリとした外観にする方法

Nexus 7(2013)のユーザーインタフェースに見られるブルーの部分をホワイトに変えるカスタマイズ方法がXDA Developersで公開されました。KitKat端末ではステータスバー上のアイコンやダイアログのテキストなどの多くの部分でホワイトカラーが採用されており、アクセントとしてブルーカラーが採用されています。そのブルーの部分をホワイトに統一することで、よりスッキリとした雰囲気に近づけようというのが今回紹介するカスタマイズ方法です。この方法でカスタマイズすると、設定メニューなどで表示されるトグルボタン、ダイアログのアクセントカラー、チェックボックス、ラジオボタン、アプリドロワーやタブのインジケーター、ローディングバー、ボリュームや輝度のスライダー、テキストフィールドやテキストカラー、アプリ起動履歴のテキストがホワイトに変わります。

UIカラーの書き換え方法は、XDA Developersで配布されている「Follow_KK_UI_N7_2013.zip」をClockworkModリカバリからインストールするだけです。ただし、このパッケージは標準ROMにしか適用できません。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
HuaweiはMWC 2014でスマートフォン1機種とタブレット2機種、そして、スマートウォッチも発表予定
CyanogenMod 11 M3ビルドがリリース
Samsung、曲がった形状のGalaxyスマートフォンを今年末に発売する計画?

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。