ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

飛来シーズン迎える黄砂・花粉、徹底除去する掃除術

DATE:
  • ガジェット通信を≫

黄砂・花粉を家に入れない。換気は窓は狭く開けて短時間で

部屋の空気の汚れの原因は様々ですが、これからの季節の天敵は「黄砂」「花粉」です。3~5月に飛来のピークを迎え、中でも4月が一番多い時期だと言われています。特にアジアに近い九州では、2000年以降、黄砂の観測回数が増えています。今から対策をし、黄砂・花粉を家に入れない習慣を身に付けておきましょう。

春になるにつれ、空気の入れ替えも頻繁にしたくなりますが、要注意です。花粉の侵入量は、レースのカーテンもない状態で窓を全開にして換気すると、約1000万個にも上ります。窓を開ける幅を10cm程にすると、4分の1にまで減少するそうです(環境省「花粉症環境保健マニュアルより引用」)。窓は狭く開けて、短時間で換気することをオススメします。24時間換気設備がある家では、窓を開けずに換気すると良いでしょう。一日の中で飛散が多い時間帯は「11時から14時」と「17時から19時」だそうです。この間は洗濯物を外に干すのはあきらめて、部屋干しにしましょう。外干ししたいときは、上記の時間帯を避けて「夜21時から朝10時」の間に干すようにしてください。

また、衣類に付着した黄砂・花粉を家に持ち込んでしまうこともあります。帰宅時に玄関前で取り除いてから家に入る習慣をつけましょう。衣類に付いた花粉・黄砂はブラシ等で軽くブラッシング。また、髪の毛にも付着していますので、軽く手で払うようにしましょう。

黄砂・花粉は夜、床に降りる。朝一番にドライシートで除去を

とはいっても、完全にシャットアウトするのは至難の業。家の中に入り込んだ黄砂・花粉は、掃除をして徹底的に取り除きましょう。舞い上がっている黄砂・花粉は埃と同じで、夜、寝静まっているときに、8~9時間かけて床に降りてきます。家族が起きて活動を始めると、また舞い上がってしまいます。湿気を含ませることで下に落ちるため、空気が乾燥する日中より朝の方が掃除がしやすいでしょう。乾燥している日は、室内湿度を50~60%にして掃除すると効果的です。

具体的な掃除方法ですが、朝一番にドライシートで床をふき取ります。そのあとに、照明器具やタンスの上など部屋の上の方から、TVの周りなど下の方に向かってふき取ってください。このとき、ハンディモップなどを使用すると良いでしょう。それから、掃除機をかけます。最初に掃除機をかけないのは、床に舞い降りている黄砂・花粉を掃除機で舞い上がらせてしまうことを防ぐためです。仕上げに雑巾で拭き掃除をしましょう。

その他、エアコンの吹き出し口や、取り外して洗濯できるカーテンは定期的に洗って黄砂・花粉を取り除きましょう。また、畳の目にも意外と入り込んでいます。目に沿ってゆっくりと掃除機をかけます。 そして、忘れがちなのが網戸です。網戸に新聞紙を張り付けて、掃除機で吸い取ります。掃除機で取れない細かいところはブラシで払いましょう。さらに、固く絞った雑巾で拭いてください。

「家に入れない」を意識し、徹底的に取り除く。手間はかかるかもしれませんが、家族の健康のためにも掃除を楽しみながら取り組みましょう。

JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP