体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本酒選びに失敗しない!日本酒のラベルを見る3つのポイント

日本酒選びに失敗しない!日本酒のラベルを見る3つのポイント

今回は日本酒をもっと楽しむSAKEマガジン『KURAMAGA』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/509916をごらんください。

日本酒選びに失敗しない!日本酒のラベルを見る3つのポイント

日本酒選びに失敗しない!日本酒のラベルを見る3つのポイント

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2014/02/j01.jpg

日本酒には香りがフルーティーなもの、辛口でスッキリしたもの、甘口で濃厚なもの、とたくさんの種類があります。

同じお米と水からできてるのに、ここまで味わいが変わるなんて不思議ですよね。

例えば、あなたが「辛口スッキリ」な日本酒が好きだとします。
普通は飲まなければどの日本酒が「辛口スッキリ」なのかはわかりません。

でも実は、日本酒のラベルに書かれてる内容を少しだけ理解すれば、この日本酒は辛口なのか、甘口なのか、香りが強いのか、香りが弱いのかが、大体分かるのです。※

そこで今回は「自分好みの日本酒に出会うためのラベルを見る3つのポイント」をご紹介します。

※厳密には、人の味覚はそれぞれなので100%完璧!ではありません。ただ多くの方が、この見方でお酒の味わいをイメージをしています。あくまで日本酒を選ぶ1つの基準として、参考にしていただけると幸いです。

その1:味わいと香りを調べる ~原料米と精米歩合~

日本酒選びに失敗しない!日本酒のラベルを見る3つのポイント

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2014/02/j02.jpg

最近の日本酒は本当に美味しいです。。なかにはまるでフルーツのような香りがする日本酒もたくさんあります。

どの日本酒がスッキリして香りが良いか調べたい!なんて方はお米に注目してください。

■ 原材料(酒米)

日本酒の原料となるお米についての表記です。これは山田錦や五百万石などの酒造好適米や通常の食卓に並ぶ食用米など日本酒によって様々ですが、主要の酒米から日本酒の味わいがイメージできます。例えば、

山田錦・・・香味が良く、きめの細かいまろやかさを持った仕上がりになります。
五百万石・・・淡麗で切れ味が良いお酒を生み出します。
美山錦・・・他の米と比べて比較的辛くなく、米の味がしっかりします。香りは比較的、高くありません。
雄町・・・濃醇でしっかりとした味わいの酒を醸しだします。

上の写真だと、五百万石というお米を使用しています。そのため淡麗で切れ味が良いお酒が想像されますね。

(これは知識の量ですね。。)

■ 精米歩合

精米歩合60%」こんな表示を見たことありませんか?

精米歩合は製造過程でどれくらい削られた米を使用しているかを指し示します。精米歩合を低くして米粒の中心に近い部分を原料に使うほど雑味のない酒ができ、お酒に香りが生まれます。

精米歩合40%とは、なんとお米の周りを60%も削ってる!ということになります。すなわち、一般に精米歩合の値が小さいほど上等な日本酒。ちなみに精米歩合60%以下の米から造られた酒を吟醸酒、50%以下のものを大吟醸酒と呼びます。

上の写真は精米歩合65%。35%のお米を削ってるということになりますね。

精米歩合の値が小さいほど、香り豊かなお酒になる。と覚えておくと良いでしょう。

山田錦を使用して、お米を50%以上削ってるものは、まろやかで香味がとても良い。なんて感じです。

1 2 3次のページ
生活・趣味
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。