ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

六本木ランチ:モノを食べる時はね、なんていうか救われてなきゃあーー六本木 ちょっと (ボリューム:★4 雰囲気:★5)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ガジェット通信スタッフがおすすめするランチをレポート。本日紹介するのは六本木にある「ちょっと」さんです。

ランチレポ:六本木 ちょっと

お洒落なお店が多い六本木ですが、こういうお店があったとは。ホッと一息付ける、そんな隠れ家のようなお店です。是非雰囲気ごと味わって頂ければ。
■ランチタイム:月~土 11:45~14:00
日曜日定休
■アクセス:六本木駅から2分

たべたもの「塩さば焼き定食」

■たべたもの:塩さば焼き定食
■値段:900円
■内容:さば塩焼き、ごはん、味噌汁、煮物、湯豆腐、納豆、つけもの、温かいお茶
■食べた日時2014年1月8日水曜日13時15分入店

ボリューム

★★★★☆
メインは夜営業と思われる居酒屋さん。こじんまりとした、いわゆる老舗の個人店の趣で、しっかりとしたボリュームが特徴だ。例えばメイン以外にソーセージとチクワの煮物、一口湯豆腐(冷や奴にあらず)と続き、更におかみさんからの「納豆もおつけしますか?」という一言に感激。お味噌汁にしても、もやし・ワカメ・厚揚げ・水菜と具沢山だ。漬け物が2種類というのも地味に嬉しい。

お店の雰囲気とサービス

★★★★★
このお店の一番のポイントは、ズバリ雰囲気。なんてことは無い個人経営の、しかもそれほど広くない店内ではあるが、13時と少し時間をずらしての入店も手伝って、六本木の喧噪を忘れるゆったりとした空間が広がっていた。ハキハキとした受け答えをするおかみさんと寡黙な大将、というバランスの接客がちょうど良いあんばいだ。店内のテレビに耳を傾け黙々と食事をしているだけにも関わらず、じんわりと幸せを感じられる。某漫画のセリフではないが、邪魔がされず、自由で、こここそが”救われる”お店なのだろう。また、お会計が済み店を出る際、それまで寡黙であった大将から発せられた「ありがとうございました」を背中に受けての退店には、午後からの活力を与えられた。

評価

ボリューム:普通。ご飯の盛りはよいです。
オーダーの早さ:早い。3分くらい。
混雑具合:1時を過ぎれば空いている。
その他:ランチにおしぼりつき、テーブルに麦茶。

その他の写真

ごちそうさまでした。

詳細情報

店名:六本木 ちょっと(ろっぽんぎ ちょっと)
ランチメニュー:

焼き魚定食、日替わり 900円。
宮崎鳥 親子丼 750円
チキンカツ丼 750円
味噌味 豚生姜焼き定食 900円
ミックスフライ 900円
讃岐ざるうどんとミニ親子丼 900円
トンカツ 900円

電話:03-3746-1481
場所:〒106-0032 東京都港区4-10-8 バーレットビル2F
席数:24

店舗情報:http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13050994/


大きな地図で見る

おいしいランチ情報を編集部に教えてください

おいしいランチの情報をガジェット通信編集部までお寄せください。
店名、最寄り駅、お店のURL、あなたからの推薦コメントを添えて、ガジェット通信の情報提供フォームから投稿お願いします。

ガジェット通信情報提供フォーム

※データ・掲載情報は取材日時のもので、変更されている場合があります。
※記事内容は記者自身の感覚に基づくものです。

ひげおやじの記事一覧をみる ▶

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP