ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、4.5インチフルHDのIGZO搭載「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」の予約受付を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは1月31日、シャープのコンパクトな大画面スマートフォン「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」の予約受付を開始したと発表しました。発売時期は2月下旬以降のままです。303SHは、4.5インチ1,920 x 1,080ピクセルのIGZO液晶とSnapdragon 800 MSM8974 2.2GHzクアッドコアプロセッサを搭載した「AQUOS PHONE Xx 302SH」の小型版。303SHでも3辺狭額縁の「EDGEST」デザインを採用しており、4.5インチ端末ながらも4.0~4.3インチ端末並みのコンパクトさを実現しています。また、従来のAXGP(TD-LTE)の「SoftBank 4G」方式だけではなく、FDD-LTE方式の「SoftBank 4G LTE」に対応。消費電力の低いIGZO液晶と2,120mAhバッテリー、省電力機能の組み合わせによって、フル充電で2日は持つという長持ちであるところや、カメラを英文にかざすだけで日本語に翻訳される「翻訳ファインダー」機能などを搭載しています。OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)を搭載しており、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信、防水(IPX5/IPX7)などの定番の機能にも対応しています。フルセグには対応です。カラバリはターコイズ、ブラック、ホワイト、レッド、ブルー、ゴールド、ライトピンク、ビビッドピンクの8色。メモリは2GB RAMと32GB ROM(Micro SD最大64GB対応)を搭載。カメラは背面に1,310万画素(裏面照射型CMOS、F1.9レンズ、AF、光学手ブレ補正、フラッシュ付き、1080pフルHD動画撮影対応)と前面に120万画素を搭載。ワイヤレス通信機能は、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、DLNA(DTCP-IP対応)、FeliCa/NFC、赤外線通信などに対応。筐体サイズは124 × 9.8mm、質量は117g。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、ロシアでGalaxy S 4とGalaxy S 4 miniの「Black Edition」を発表
民放各社によるオリンピック公式動画アプリ「gorin.jp」がソチオリンピック仕様にアップデートされています
防水非対応の「Moto G」を水に浸すとどうなるかを検証した動画

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP