ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バレンタイン期間限定チョコラーメン! 麺屋武蔵『味噌ガーナ2014』を食べてきた! 今年は辛みそスープの“チョコ担担麺”

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


お菓子メーカーのロッテと人気ラーメン店「麺屋武蔵」とのコラボメニュー『味噌ガーナ』! 長年愛され続けている「ガーナミルクチョコレート」を使用し、新感覚のラーメンを提供する「味噌ガーナ」企画は、チョコレートの可能性をもっと世の中に伝えたいと、なんと「麺屋武蔵」の方からロッテに掛け合って始まったもの。2009年から行われているバレンタイン期間限定の人気企画です。
とんこつベースや生クリームを加えたクリーミィなスープなど、これまでも様々な嗜好を凝らし、驚きの味を作ってきた『味噌ガーナ』。6年目を迎える今回の『味噌ガーナ2014』は、近頃熱が高まっている担担麺風!

真っ赤な丸いボール状の何か(笑)が載った見た目はインパクトも抜群。トッピングには肉味噌やしいたけ、エリンギなどのきのこ、クレソンやスプラウトなどが添えられています。そして今年の一番の特長は、味噌ベースのラーメンから“徐々に担担麺へと変化する味”とのこと。


中央に載るボール状の“赤玉”は、ガーナチョコとごまペーストにワインビネガーを合わせて練り込み、カイエンペッパーとパプリカパウダーをまぶしたもの。その玉を味噌ベースのスープに溶かすことで、スープにごまの味と香り、チョコレートの甘さが徐々に広がり、担担麺へと変化していくのです。チョコは酸味と相性が良いそうなので、ワインビネガーを加えているのがポイント。

また、担担麺といえば欠かせないのが辛み。辛みと旨みを出すために、ナッツとひき肉を武蔵特製のエビラー油「武蔵醤」で炒めた肉味噌をトッピング。ナッツはチョコレートシロップに3日間漬け込んだものを油で揚げ、表面をコーティングすることで甘くカリッとした食感を生み出すこだわりよう。

赤玉を割ってみると、この1玉に板チョコ約半分を使用したチョコペーストがギュッと詰まり、その中にこだわりのナッツがゴロッと入っています。また、周りの赤色は辛さをイメージしているのかと思ったら、“ガーナのブランドカラー”をイメージしているという心憎い演出でした。

チョコ担担麺……果たしてお味は?


目の前の担担麺から立ち上る、甘いチョコの香り。でもスープを飲んでみると少し酸味のある、結構辛めな辛みそスープ! 最初はまだチョコレートの風味はしない、辛めの美味しい担担麺です。
その中に、ドボンと赤玉を見えなくなるくらい沈めて、徐々に溶かしていくと、食べ進めるうちにスープの味に変化が。辛さの強かったスープが、少しずつマイルドになっていき、あれ?最初とはまた違った美味しさ……。
チョコ&ごまペーストの溶け込んだスープはコクが増し、深みのある味わいに。だんだんチョコレートの味も感じるようになってきます。もちっとした中太麺、きのこや肉味噌にコクの増したスープがよく絡む! また、ブラックペッパーの効いたきのこが、良いアクセントになっています。1/3程度食べ進めたところで、浸した赤玉をガシガシ崩して全体に溶かし込みながら食べるのがオススメ。
味の変化を楽しみながら、最後まで飽きずに美味しく食べきれちゃいました。それでも板チョコ約半分を使用しているということもあり、最後はチョコの風味満天でしたが、それが辛みを消すことはなく、うまく調和したスープになっています。

この『味噌ガーナ2014』は蒲田店では1月31日から、新宿本店、二天(池袋)では2月3日から提供開始。2月14日までの間、1日20食限定です。麺屋武蔵の本気を感じることの出来る、この時期だけのチョコラーメン。バレンタインに彼を誘って、“チョコ担担麺”をプレゼントするのもいいかも?

【味噌ガーナ2014】
価格:850円(税込)
販売期間:2014年1月31日(金)~2月14日(金)
販売時間:14:00~各店営業終了まで(各店1日20食限定)
販売店舗:麺屋武蔵 新宿本店、二天(池袋)、蒲田店
※新宿本店、二天では、2月3日(月)から

【店舗情報】
・新宿本店 営業時間 11:00~22:30 (年中無休)
東京都新宿区西新宿7-2-6 K-1ビル1階 TEL03-3363-4634
・二天 営業時間 11:30~22:00 (年中無休)
東京都豊島区東池袋1-2-4 TEL03-6914-2634
・蒲田店 営業時間 11:30~22:30 (年中無休)
東京都大田区西蒲田8-1-15 KCビル 1階

ロッテ「チョコごはんをつくろう!」 http://www.lotte.co.jp/products/brand/ghana/gohan/index.html
麺屋武蔵 HP http://www.menya634.co.jp/index.html[リンク]

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP