体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

四次元ポケットを考えていたら、他のひみつ道具の原理も説明できた

4jigen

『ドラえもん』のひみつ道具は夢の世界のものだと思っていましたが、意外と説明がついちゃいますね。すごく驚き。今回は Piro(ぴろ)さんのブログ『outsider reflex』からご寄稿いただきました。

四次元ポケットを考えていたら、他のひみつ道具の原理も説明できた
『ドラえもん』の『四次元ポケット』について真面目に考えてみた。

『四次元ポケット』の中には、外見から想像される容積よりはるかに多くの物を格納することができる。また、内部空間は『スペアポケット』との間で共有されているため、『スペアポケット』から入ってドラえもんのポケットから出てくるということもできる。(実際に、行方不明・回収不能になったドラえもんを発見するためにこの方法を使ったエピソードもある。)

4次元という物を正しく理解すると、どのようにすればこういった仕組みを実現できるのかが見えてくる。

4次元を理解するには、2次元と3次元を対比した場合を考えるのが手っ取り早い。
●2次元の住人である2Dドラえもんや2Dのび太達は、床の上に置かれた1枚の巨大な模造紙のようなレイヤー(層)である、2次元世界で生活している。
・この世界は平面なので、X軸とY軸しかない。

●ここで、2Dドラえもんがお腹の3次元ポケットに2次元の物体を放り込んだとしよう。するとその物体は、2Dドラえもん達が生活しているレイヤーから数mmだけZ軸方向にずれた所に平行に浮かんでいる別のレイヤに移動する。
・つまり、物体は「3次元ポケットの中に入っている」のではなく、レイヤー同士をつなぐ3次元ポケットという「ゲート」を通じて別のレイヤへ移動されているのである。

●これらのレイヤーの重なりの方向であるZ軸は、2次元世界のX軸とY軸に対してそれぞれ90度直交している。2次元世界の住人達はZ軸の存在を知らないし、Z軸方向に動くこともできないので、隣のレイヤにある物体を見ることはできないし、ぶつかることもない。

●同様のレイヤーが、2Dドラえもんの生活する2次元世界や3次元ポケットの先のレイヤの他にも無数に存在していて、ミルフィーユのように積み重なっている。2Dドラえもんの3次元ポケットの出口をどのレイヤーに設定するか――出口をどれだけZ軸方向にずらすかは、おそらく任意に決めることができる。
・よって、スペア3Dポケットは、出口のレイヤーの設定が同一である複数の3次元ポケット同士の事を指すのだと考えられる。

●2Dドラえもんとスペア3Dポケットが離れた所にある場合はどうなるか。レイヤーを何らかの方法で折り曲げると、2Dドラえもん、スペア3Dポケット、そして「3次元ポケットの先のレイヤー」上の点とが重なる。こうして、スペア3Dポケットに入った2Dのび太は、海の底に沈んでいる2Dドラえもんのお腹の3次元ポケットから出てくることができる。

●同じ事が、ポケットの中に放り込んだ物を取り出す時にも言える。3次元ポケットの先のレイヤーと2Dドラえもんがいるレイヤとの関係を逆にすれば、レイヤー状の好きなところにある物を、別のレイヤーの2Dドラえもんがいる位置まで持ってくることができると分かる。

話を我々が暮らす3次元を基準にして考えてみよう。
●我々はX・Y・Zの3つの直交する軸が存在する3次元空間で生活している。

●ここで3Dドラえもんがお腹の『四次元ポケット』に物体を放り込むと、その物体は、X・Y・Zのすべての軸に直交する第4の軸の分だけ「ずれた」所に移動される。その「ずれた」方向を我々は認識することもできなければ、その方向に我々自身が「ずれる」事もできないので、その物体は目に見えないし、触ることもできない。

●スペアポケットに入ると、自分自身がその「ずれた」方向に同じだけ「ずれる」事になるので、『四次元ポケット』の中に放り込まれた物体達に遭遇する事ができる。さらにそこにある「出口」を通ると「ずれ」が元に戻るので、またしずかちゃんやジャイアンやスネ夫と再会する事ができる。『四次元ポケット』とスペアポケットのある位置が離れていても問題にはならない。

こうして考えてみると、『どこでもドア』や『道路光線』や『通り抜けフープ』、『ビッグライト』や『スモールライト』や『ガリバートンネル』も、おそらく同じ基礎技術に基づいて開発されているのだろうと考えることができる。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。