体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワーナー×タカラトミーの新作アニメ『selector infected WIXOSS』始動!

selector_anime_key01

ワーナーとタカラトミーがタッグを組んで新作アニメを制作することが発表された。作品の名前は『selector infected WIXOSS』(セレクター・インフェクテッド・ウィックロス)。『ジョジョの奇妙な冒険』や現在放送中の『ストライク・ザ・ブラッド』などを手掛けるワーナーがアニメを、数多くのホビーを世に送り出してきたタカラトミーが新作TCGの制作を行うというもの。今回の発表にはワーナーの川瀬浩平氏、タカラトミーからカードグループリーダーの佐戸憲一氏、カードグループの山口朋氏、J.C.STAFFからアニメーションプロデューサーの松倉友二氏、が作品の概要についてプレゼンを行った。作品のキャストも発表され、代表して小湊るう子役の加隈亜衣さん、紅林遊月役の佐倉綾音さん、タマ役の久野美咲さんが登壇し、自身の演じるキャラクターについてコメントした。

DSC_0843

発表ではワーナーの川瀬浩平氏からプロジェクトの説明が行われた。カードゲームを主題としたアニメだが、TCGの販促を目的とした作品ではなく大人のアニメファンも楽しめる作品となる。アニメからカードを好きになっていただいてどちらも楽しめるように仕掛けていくようだ。

TCGは『デュエルマスターズ』や『イナズマイレブン』などを手掛けるタカラトミー。これまではキッズ向けのものを制作してきたが、今回は大人をターゲットにしたカードゲームを展開する。しっかりとハイクオリティなアニメがあった上で面白いカードゲームを作っていく。

『selector infected WIXOSS』は、カードを題材にしているが、対象年齢は中高生から30代という幅広い年齢の男性をターゲットにしている。アニメ作品内ではファンタジー要素もあるが、新宿が舞台ということもあり、少女たちの生活にリアリティをもたせたとのこと。PVも紹介されたが、独特の世界観を感じさせるムービーとなっており、たくさん出てくる登場人物たちがどのような役割を果たすのか、どのような戦いが繰り広げられるのか、といった想像を掻き立てられそうだ。


オリジナルTVアニメ『selector infected WIXOSS』PV
http://youtu.be/mtADbZv7HaM[リンク]

キャストも登場! 印象は「こわい」

selector infected WIXOSS集合写真
1 2次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会