ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版「GFX Benchmark 3.0」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マルチプラットフォーム対応の3Dグラフィックスベンチマークアプリ「GFX Benchmark」の新バージョンv3.0がリリースされました。GFX Benchmark 3.0で、メインのテスト項目が「Manhattan」に刷新されました。OpenGL ES 3.0を活用したより高度な処理が追加され、最新の3Dグラフィックス処理の性能を測定・比較できるようになりました。また、バッテリーの消費電力と描画品質を測定する新たなテスト項目(「Battery Lifetime」と「Render Quality」)も追加されました。アプリUIもv3.0でリニューアルされ、テストを実行することのほかにも、端末情報を確認したり、他のデバイスとテストスコアを比較することもできるようになりました。GFX Benchmark 3.0から同アプリのデータベースをダウンロードする仕組みが追加されており、初回ダウンロード後は随時データが同期されます。オフラインでも他の端末とテストスコアを比較できます。「GFX Benchmark」(Google Playストア)Manhattan testBattery and Stability testRender quality testFully redesigned, multi-lingual, easy-to-use user interface



(juggly.cn)記事関連リンク
Acerの低価格な5インチスマートフォン「Liquid Z5」が台湾や欧州の一部で発売開始
Xperia Z1 Compactがスウェーデンで発売開始
Galaxy Note 3のAndroid 4.4.2アップデートが韓国やインド、マレーシアでも開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP