ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GoogleはAndroid端末メーカーから1台あたり$0.75のGoogleモバイルサービスのライセンス料を得ているらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleは、Android端末の基本機能とも言えるGoogleモバイルサービス(GMS)を搭載して製品を発売する端末メーカーらに対して、端末1台あたり0.75ドルのライセンス料を課していると英国紙 The Guardianが報じています。Androidは、その基本的なソフトウェアは無償のオープンソースソフトウェアとして公開されており、(ライセンスの範囲内で)誰でもソースコードをダウンロードして自由に改変することができます。度々、「Androidはオープンソースで無償で誰でも利用できる」という謳い文句を耳にしますが、それはGMSを除けばの話で、GMSはAndroidの登場時より基本機能として大手メーカーのほぼ全ての製品にインストールされていることから、端末メーカーにとっては事実上無償とは言えなくなります。The Guardianが報じたところによると、GoogleはGmailやGoogleマップ、Google PlayストアなどのGMSを組み込んだ製品を発売するのに、端末メーカーに対して端末ごとにライセンス料を課しているそうです。例えば、10万台の端末が発売されれば、それに課せられるGMSライセンス料は75,000ドルになるとされています。1台あたり0.75ドルです。現在のAndroid端末によるアクティベーション数は毎日100万台を超えていると言われています。アクティベーション数はGoogle Playストアの起動を基に算出されているので、1日100万台がアクティベートされるとすれば、ライセンス収入は1日あたり75万ドル(約7,750万円)、四半期ベースだと6,750万ドル(約69億円)にもなります。とはいえ、Googleの2013年Q3の売上高137億7200万ドルに比べるとライセンス収入はごくわずかです。Source : The Guardian



(juggly.cn)記事関連リンク
「にしてつバスナビ」がv1.0.1にアップデート、待っているバスがいくつ前のバス停付近を走行しているのかも確認できるようになりました
Samsung、今年は大画面・高解像度なハイスペックタブレットに専念
韓国では今年4月からスマートフォンのプリインストールアプリのほとんどが削除可能に、未来創造科学部がガイドラインを発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP