ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【東京おもしろ散歩】山手線一周の旅「大塚駅」:横山緑の「みどりぽ(5)」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


(編集部より)この企画はマスクをかぶって放送するということを自らに課したネット生放送配信者「横山緑」が、東京山手線の駅周辺を一駅ずつ取材しながら放送をおこなうという企画です。

山手線一周「みどりぽ」第5回「大塚駅」

TVの旅番組は予め決められたロケ地や下見した店をどうでもいいお笑いタレントが自腹も切らず楽しそうに食べて練り歩くだけになっている。でもそれじゃあ新鮮味がないし、ただの散歩である。俺は夕方の生放送でリアルにその駅の情報を伝えたい。ダメなものはダメ!はっきりと言えるそんな番組にしたいのだ。そんなわけで今日のみどりぽは大塚駅にやってきたぞ!豊島区の南大塚にあり、一日の乗客数は5万人の街だ。

放送動画ページはこちら
http://www.nicovideo.jp/watch/1389733699

綺麗に整備された大塚駅。降りた瞬間にあれ?と思うほど昔と比べて綺麗になっていたぞ。

この黄色の電車は都電荒川線だ。ちなみに貸し切りもできるそうだぞ。贅沢にも貸し切りができるなんて電車マニアにはたまらなく嬉しいかぎりだ。ちなみに一回18,320なんでかなり安いぞ!そして、「みどりぽ」はまずは腹ごしらえからするのが通例である。街の住民に聞きながら「ぼんご」というおにぎり屋を探すことにした。

石川典行のリスナーだという若者

子供たちに聞いても「知りません」という回答であった。

年配の方に聞いたら「ああ、そっちの大通りをでた店側にあるよ」と教えてくれたぞ。

ここが大塚でも有名なおにぎり屋の「ぼんご」だ。さっそくお店に入る。

おにぎりのメニューは豊富だ。昭和25年からやってる老舗の人気店だ。店主も優しかった。「ねぎとろ」を注文したぞ。

 

黒い海苔に覆われた三角形のおにぎりだ。まるで黒い覆面を被った俺みたいで食べる前から愛着が沸く。画面では分かりづらいかもしれないがかなり大きいぞ。

迷わず一気にむさぼりつく。これが男らしい俺流のおにぎりの食べ方だ!がっつりと食うのが一番おいしい。ワサビのつーんとした味が効いていて、こしひかりの一粒が固めでおいしさを引き立てている。

腹ごしらえが終わった後に俺の姿を見て笑う学生グループに接触。「どっかお勧めの店ある?」と聞いたら美味しいラーメン屋があると教えてくれた。

お礼として暗黒紙幣を数万円分無料でくれてやったぞ。めちゃくちゃ喜んでくれて、あげた俺もご満悦である。

俺はTVと違って大塚の全てを教えるぞ。正直に言えば大塚は回春マッサージとかピンクサロンとか、そんなのが多い。ちょっと裏通りを歩けば3回転2000円とかそんな文字がいっぱい飛び込んでくるぞ。昔は遊郭で栄えた場所だけあって、根強く風俗産業が残ってるのが印象的であった。しかし2000円って店は元を取れるのか?

ここに入ることにした。「黒5うどん」という名前のうどん屋である。

左が店長さんである。怪しい姿の俺にも好意的であった。こういう(俺のような風貌の)客に対して怒鳴りつけない良い店の証拠である。そういう優しい接客がいいね!と思った。そしてこの店長はノリが良くサービスもいっぱいしてくれたぞ。

うどんをかりん糖のように揚げた物。コリコリ音がしてまるでスナック菓子を食べてる気分だ。

他にもうどんの出汁で作ったというおでん。「牛スジの煮込み」は柔らかくすっきりした味でご飯と共に胃に流し込みたい味である。店長も思わずVサインだ!味も負けずに勝利のVサインだ!

とにかく種類が多いのが「黒5うどん」の良いところだ。「うどんナポリタン」とか「うどんボロネーゼ」なんてのもある。コロッケ定食が250円だし見てるだけでお腹が鳴るわ。

この大きさ、この量でたったの300円だ!これは嬉しいぞ。シンプルに、カボスをぎゅーっと強くしぼって醤油を少々かけたらもう出来上がりである。

カボスの酸味の匂いが食欲を沸きたてる。一気にうどんをズバズバと吸いこめ!うどんのコシが強い!弾力性があってモチモチしてるのだ。こんなことを書くと『お前は金もらってステマしてんだろ?』と疑われるかもしれないが、本当にモチモチうまうまなのだ。正直大満足だ。また大塚駅に行ったら行きたい。俺はこういう美味しい店は忘れない。大塚に来たらこのうどんを食え!

一本一本に腰があり、つるつるしている。

店長の趣味なのだろうか?似顔絵が得意なようである。店内にはいっぱいあるのでその目で確かめよ。

「黒5うどん」の店長だ。男気があってうどんを愛する顔をしていたぞ!

うどんを食ってお腹パンパンになった。さて、次は北口へ行くために反対側に向かうことにする。

大塚駅の北口にある買い物客などで溢れる商店街に行くことにした。

100円ショップの外にある盗聴器という物に目をひかれた。なんと100円で盗聴器が手に入るのだという。そんなまさか!俺は100円を投入しダイヤルを回す。そして出たものは・・・

「チャージマン研のめんこ」

「25年前に流行ったガン消し」

「謎のキーホルダー」

 

このピンクのプラスチックケースの中身は・・・

「アニマルキーホルダー」

『携帯ダウンロード』と書かれたこんなもんが入ってました。

ガチャガチャで熱くなってると、遠くから三人組にフラッシュで隠し撮りをされたので『待て!』と言って追いかけたのだが逃げられてしまった。油断も隙もあったもんじゃない。もしTwitterで俺の悪口を書いてアップロードしてたのなら一報を俺によこしてほしい。

大塚駅の近くにあるバッティングセンターで打とうとしたが、そこは断られてしまったぞ。まあ、仕方あるまい。

公園で遊ぶ子供たちに「勉強をしたって意味がない理論」を教えてやった。あんまり関心なさそうだったわ。

夕方17時ごろの大塚駅。今回の大塚駅周辺のまとめだが、昔に比べて綺麗になったという印象だ。かつてはこんな大型商業施設も無かった。都会の中に路面電車もあり、ノスタルジックな雰囲気も残す街であった。また裏通りは風俗店が争うようにたくさんある。パチンコ店も多く見かけた。特に北口はピンサロを中心に激安サービスが行われてる。しかし実話ナックルズの風俗体験漫画によれば、店によっては大ハズレがあるそうである。駅前にはロイホ、スタバ、ドトール、牛丼屋など不便はない。慣れたらこれほど住みやすい街はないのではないかと思った。

家賃相場 1K  7・8万円

風俗の多さ☆☆☆☆(北口は多い)
飲食店の多さ☆☆☆
レトロ感☆☆(路面電車がいい)
治安☆☆(北口はキャッチも多い)
住みやすさ☆☆☆☆(ただし慣れたら)

記者名:横山 緑
プロフィール:ニコニコ生放送のトークカテゴリで人気の放送者。トレードマークのマスク姿でさまざまな企画を自ら考案し、実施している。
コミュニティ:co1827022
ガジェット通信記者リンク:
http://getnews.jp/archives/author/midori

横山緑の記事一覧をみる ▶

記者:

暗黒放送Pの横山緑(フリージャーナリスト)は言論弾圧を許さず、マスコミどもが目を背けるニュースを記事にする日本執筆倶楽部2位のプロのライターだ。仕事よこせ!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP