ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CG? 実写? SNSでエントリーしたリアルのボトルカーレース生中継が楽しめるキリンの『DREAM RACE』がスゴいよ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

CG? 実写? SNSでエントリーしたリアルのボトルカーレース生中継が楽しめるキリンの『DREAM RACE』がスゴいよ
SNSでエントリーして遊べるキャンペーン用のウェブゲームはいろいろありますが、これはかなり異色ですよ。飲料のボトルをレーシングカーに改造した“ボトルカー”のレースが随時開催され、SNSでエントリーした自分の車のレースを生中継で楽しめる『DREAM RACE』がキリンビバレッジのウェブサイトで公開されています。カラフルなコース上で展開するこのレース、CGに見えるけど実写なんです。

『DREAM RACE』
『DREAM RACE』は、キリンビバレッジの17種類の飲料のボトルを改造した“ボトルカー”のレースに参加し、レースで1位になるとキリンビバレッジの飲料10本がセットになった『キリンドリームパック』がプレゼントされるキャンペーン。パソコンやスマートフォンのブラウザから参加できます。

参加者は『Twitter』か『Facebook』でログインしてレースにエントリーし、随時開催されるレースの生中継を見ることができます。過去のレースは参加者のアイコンをクリックすることでアーカイブ映像を視聴可能。

小型モニターにアイコンを表示
レース映像
レース映像を見ると分かるのですが、ボトルカーに表示されたSNSのプロフィールアイコンは上部に取り付けられた小型モニターに表示したもので、CGではなく本物のボトルカーがコースを走行しているのです。どこまで自動化されているのか不明ですが、1日に何回もリアルのレースをやるなんて、どれだけヒ……失礼、手間をかけているというのでしょう!

コース上にはさまざまな仕掛けが
全長16メートルのコースにはアップダウンがあるだけでなく、落とし穴や向かい風などのトラップが仕掛けられています。出走した全部のボトルカーがゴールできない、なんてレースもけっこうあるようですが、そこがまたリアル。

エナジーボールを搭載する様子
SNSで参加したユーザーは、ほかのユーザーからのリツイート数や「いいね!」数に応じて“エナジーボール”を獲得できます。このエナジーボールで車体の重量を稼ぐと加速力をアップできるというチューニングが可能。レース映像では、実際にエナジーボールを車体に搭載する様子も確認できます。うーん、リアル。

リアルに開催されているレースの実写映像を生中継で見ることで、ブラウザ上でも臨場感あるレース体験ができる『DREAM RACE』。2月15日までの期間限定なので、是非一度チェックしてみてください。

『DREAM RACE』
http://dream.kirin.co.jp/race/

カテゴリー : エンタメ タグ :
shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。