ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 4.5?Android 5.0?で現行のrootアプリとの互換性が失われる可能性大

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 4.4(KitKat)が昨年11月にリリースされたばかりなのですが、早くも次期バージョンに関する予測が伝えられています。今回は次期バージョンでほぼ全てのrootアプリとの互換性が失われるかもしれないということです。CF-RootやSuperSUの開発者でおなじみChainfire氏のGoogle+への投稿で明らかになりました。同氏によると、1週間ほど前にAOSPのMasterツリーで行われた2つのコミットによって、/data配下のunconfinedドメイン(SELinuxによって制限されないプロセス)のアプリからSupersuerを実行できなくなってしまうというのです。これにより、/dataパーティションのrootアプリから、Superuser権限のコマンドを実行することができなくなってしまいます。同氏は、もしこの変更が今後も取り消しにならない場合は、次期Androidバージョン(バージョン番号はわかりませんが)では上記のような制限がかかることになるだろうと述べています。同氏はまた、「How-To SU」というWEBページでこの問題に対するワークアラウンドも紹介しています。Source : Google+



(juggly.cn)記事関連リンク
OmniROMの開発チームがwebOSの仕組みを活用した新マルチウィンドウ機能のコンセプトを披露(動画あり)
Xperia Z1 CompactのファームウェアがXperia Z1に移植される
Xperia Z1f SO-02Fでホーム画面をガラケー風にする「シンプルホーム」機能を紹介

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP